わんこと一緒に気ままに美味しい生活。


by bokuboku-513
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2009年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

銀座かずや

前々から気になっていたお店です。

以前、テレビで見たのか、本なのか・・・はっきりしません。

先週土曜日朝のテレビで見て、もう我慢できなくなってしまいました。

ネットで、銀座かずや を検索してみると、電話で予約できるようです。

HPによると、予約は1ヶ月待ちになるということ。

お目当ては、「かずやの煉」

しかし、電話をしても、繋がりません。

繋がったと思うと、

店主の留守番電話で「今、接客中で電話にでることができません」というテープ。

時間をあけて、閉店30分前に再度挑戦!

今度は、店主はお出になったものの「1ヶ月先の日の注文は終了しました」

と・・・。とほほ・・・です。

でも、尚更、食べたい病は深刻になり、食べることが必然になってしまいました。



では、店舗で予約しようと、たまたま、時計の修理をしなくてはいけなく

有楽町のコメ兵へ行くという用事があり・・・

どっちがついでかよくわからないのですが・・・

出かけました。

ノー天気な生活のようですが・・・
(5時起き、お弁当作って、14キロ走って、洗濯して・・・家事はしっかりこなしてから・・・)

ところが、土地勘ばっちりの場所なのに、全然わかりません。

宝くじ売り場で聞いて、やっとわかりました。

古いビルのうす暗い中に、「菓子」の小さな看板。

暖簾と一メートルもないカウンターだけの間口だけのお店。

都会の中のおとぎ話のような空間で、とっても気に入りました。

待っている人はいませんでした。

店主の一哉さんは、電話に出ていらっしゃいました。

やはり、電話も接客もお一人で対応されているようです。

まず、1ヶ月先7月29日の予約。

「かずやの煉」を友達の分と2箱注文しました。

29日の時間指定で取りに伺わなくてはいけません。

店頭で買える分もあるということで、煉り菓子 も購入。

d0137158_1924513.jpg


感想

ぷるんぷるんで、不思議な食感。和菓子というより、洋菓子。

ババロアと豆子郎の中間のような・・・

材料を見ると、でんぷん、蕨粉、砂糖、小麦粉、塩、トレハロース、牛乳や生クリームが入っています。

お茶よりも、コーヒーと一緒にいただきたいような・・・

美味しい!久々のヒット!

麩まんじゅうのようなもっちりした食感は、とっても好きだし・・・

この食感の美味しさをどう表現していいか・・・もどかしい。

「かずやの煉」はもっと美味しいのでしょうか?

1ヵ月後が楽しみです。
[PR]
by bokuboku-513 | 2009-06-29 19:43 | 美味しいもの(お家で)

6月走行距離

明日は走れないので、今日で6月走行距離は〆。

170キロ走る。私にしては頑張った。目標は150キロだったのでクリア。

もう一つの目標は、二日以上休まない・・・これは、二日連続走らない日が2回あり×。

来月も引き続き、同じ目標で頑張る予定。

遅くても、短くても、走る。二日連続休まない。





今まで、レース中、レース後・・・毎回・・・足がつってしまう。

膝痛よりも足の痙攣。

でも、これだって、走った距離はうそつかないはず。筋肉鍛えて、

また、できるだけ、前傾で胸を張り、おへそをだして遠くを見て、

良いフォームで走ることを心がけ・・・今度こそ・・・足がつらないように・・・。頑張る。

後は体重。

3ヶ月、いや半年ぶりの体重計。

6月は頑張ったから・・・とおそるおそるのってみる。

びっくり!去年よりも2キロ増えてしまった。そういえば、去年よりもジーパンがきつい。

体脂肪率からいうと、13キロの脂肪を運んでいることになる。

我が膝がかわいそうになってしまう!

食べるのを我慢するのは難しい。

今日も和菓子を買ってきてしまった・・・

まずは、体重計に毎日のって、レコーディングダイエット開始。


右足の小指の爪がはがれてしまった。

他の爪も黒くなったものもあり、ぺディキュアは黒。

サンダル、はいても、爪・・・大丈夫!
[PR]
by bokuboku-513 | 2009-06-29 17:12 | 走ること

中華街 翠香園  

月餅は固い油っぽいあんこがあまり好きではないし、

皮とあんこのバランスが・・・・いまひとつ、好みではありません。



中華街で、ついつい買ってきてしまうもの。

翠香園のカスタードココナツタルトや花巻。

ずっと前から、「はなまるのおめざで紹介されました。」と書いてあります。

いつごろの話なのでしょうか?

d0137158_1019870.jpg


以前、中華街の違うお店で、お菓子にカビが生えていたことがありました。

その点、

私の勝手の思い込みなのですが、なんとなく翠香園は安全、大丈夫なような・・・。
[PR]
by bokuboku-513 | 2009-06-26 10:25 | 美味しいもの(ご近所以外)
友達の家のG・ピレネー ランディ君に会いに行きました。

4ヶ月。体重 すでに30キロ。

見た目は、英国ゴールデン。よく間違えられるそうです。

でも、足の長さ、手足の大きさが全然違います。

もっと、早く見に来るべきでした。でかい!

d0137158_9425850.jpg


d0137158_9432273.jpg


すでに、お座り、待て、伏せ、お手ができ、おしっこも完璧です。

(お手で目をそらすアインって・・・何?)

ランディ君・・・おんぶだって大丈夫。

d0137158_9474723.jpg


d0137158_948873.jpg



でも、まだまだ、子犬!動きは活発。動作がかわいい。

遊びたくてしょうがありません。

歯がちょうど抜け替わる時期で、かゆいのか甘噛みしたいお年頃!

ランディパパから教えていただいたこと。

   ☆ピレネー犬の狼爪・・・ピレネー山脈の岩場から滑落しないように発達したこと。

   ☆ピレネーは、耳が立っている犬とは相性が悪い。(ブリーダーさん談)
    狼から羊を守っていたので、狼に似たシェパード、ハスキー、秋田、柴などが駄目!
   
   ☆2歳までに狂犬病の予防注射を受けると大きくならない。(ブリーダーさん談)


ランディ君と、楽しい時間をすごしました。

ランディ君は、ボンボンネックレスがよく似合いました。

ランディ家には、7月にバーニーズの男の子(マイケル君)が来るそうです。

バーニーズのブリーダーさんから、マイケル君の匂いのついたぬいぐるみをいただき

ランディ君に慣らしているところでした。

ランディ君は、ぬいぐるみを振り回していました。

マイケル君に会いに伺うのは、もっと小さいうちにと思います。

帰宅すると、

アインピー・・・匂いくんくん・・・「どこ行ってきたの?」と

飛び掛り、怒る!怒る!
[PR]
by bokuboku-513 | 2009-06-26 10:04 | dog
中華街に行くなら、tef tef看板犬のジョビン君に会いたいと

友達に付きあってもらいました。

一才のゴールデンドゥードルの男の子です。体重30キロ。

やはり、毛は抜けないそうです。トリミングはしているとのこと。

毛に触ってみると、プードルの毛並みです。

山形のブリーダーさんだそうです。

私たちのように、ジョビン君にカメラを向けるお客さんは多く、

お利口さんに、モデルさんをしていました。

アインピーに長生きして欲しいから、ゴールデンドゥードルが欲しいなんて・・・

いいません。しっかし、かわいい!

d0137158_1852669.jpg


お店は、品の良い雑貨がいっぱいでした。

ジョビン君のしているボンボン ネックレスも売っていました。

アインピーにしたら、お互いに、すぐに壊してしまいそうで、

あきらめて、

今晩、会うことになっているジャイアント ピレネーのランディー君のお土産に

購入。


d0137158_186825.jpg


d0137158_18141394.jpg

[PR]
by bokuboku-513 | 2009-06-25 18:08 | dog
食べるのが大好きな友達のお勧めの餃子やさんに行きました。

中華街の蓬来閣 です。

食通の池波正太郎さんも贔屓にしていたお店です。

頼んだメニューは下の写真。

餃子は、一人前が4個です。銀座の天龍ばりの大きさ。

店内には、不要醤油 と書いてあり、餃子は酢とラー油だけで食べるようにとありました。

確かに食通の友達のお勧めだけあり、ちゃんとした手作り!

大体、餃子は自宅のほうが美味しいのですが、なかなかでした。

もう少し、皮がかりっとしていたほうが好みではありますが、

ビールと一緒に美味しくいただきました。

また、焼き蕎麦が、手打ちの平麵でGOOD。

d0137158_17413511.jpg


d0137158_1742691.jpg


d0137158_17431695.jpg


d0137158_1744615.jpg
 

d0137158_17443658.jpg

[PR]
by bokuboku-513 | 2009-06-25 17:44 | 美味しいもの(ご近所以外)
友達から 「ベルグの四月  アントルメ・グラッセって食べたことある?」と聞かれ、

気になり、久しぶりに ベルグの四月 に行きました。

10数年前に家の棟上の時に大工さんに差し上げたのも、「ベルグ」でした。

まだまだ、今ほど美味しいケーキやさんのないころから

地元に根ざしている美味しいケーキやさんです。



アントルメ・グラッセ・・・アイスクリームケーキ・・・

美味しそうなケーキに心を奪われながら、今回はアイスクリームケーキ。

玩具のような愛らしい姿!大きさ、値段!時間が許せば、お土産にもよさそう!

何種類も並ぶ中、今回はストロベリーショートケーキ。

d0137158_21302768.jpg
 

感想・・・

  冷凍した残ったケーキを半解凍でいただいたような感じ。

  もちろん、昔にいただいたアイスクリームケーキよりもず~とおいしい。

  でも、私は、やっぱり普通のケーキが好き。凍った大きな苺は嫌!

  カステラと苺、アイスの部分をグチャグチャにして溶かして食べたい衝動!
  

 
[PR]
by bokuboku-513 | 2009-06-21 21:38 | 美味しいもの(ご近所)
奇想の王国 だまし絵展 を観てきました。

ルドルフ2世 待望の初来日 の果物でできた顔のポスターのあれです。

若い頃、エッシャーの版画に衝撃を受け、結構好きなのです。

平日に関わらず、結構な人でした。



まず、トロンブルイユ→<目でだます>画面の内と外が混同する仕掛けの絵。どこが、だまし絵なのかよく考えながら、観る。全然、絵とは関係ないが、「メメント・モリ」という唯一知っているラテン語の作品があり、なんとなく嬉しい。でも、作品としての感動はなし。


次に、トリックの古典アナモルフォーズ→歪んでいるので、一見しては何が書いてあるのかわからない画像。正しい見方をすると・・・

ドメリコ・ピオラ   ルーベンスの十字架昇架の場面があるアナモルフォーズ・・・真ん中の円柱に映して絵を見る・・・面白かった。どうやって、下の歪んだ絵を描いたのか・・・面白い。

また、エアハルト・シェーンの判じ絵ーヨナと大きな魚としゃがむ男では、マジックアイ状態に目を凝らしても、よくわからず、最後にビデオの種明かしのようなものを観た後、この絵の場所にもう一度戻って、確認。

日本のだまし絵あり。

他にも、ルドルフ2世のようなダブルイメージのものが多数あり。

20世紀の巨匠たち~ダリの作品もあり。エッシャーもおなじみの作品の数々。

最後に、現代美術の中のイリュージョン

目の錯覚を利用した作品の数々。

今回の何よりの収穫・・・・面白かったのは、

パトリック・ヒューズ 水の都・・・観る角度によって、全然違うように見える建物・・・これは、面白かった。展示即売のところに4点・・・同じような作品があり、どれも25万円近い値段。一点・・・売れている。買った人の気持ち・・・わかる。私も欲しい。

パトリック・ヒューズの公式ホームページ

この絵を観ただけでも、今回来た価値あり。周りでも驚きの声があがり・・・場内係りのお姉さんも嬉しそう!


クーラーが効きすぎで、凍えそう。ミート矢澤で40分並び、その後、寒い会場で立ち回り、足が棒。

帰りは、VIRONのバケットを買い、夕食に。やっぱり美味しい。

渋谷の東急本店前にもH&Mが建設中。
[PR]
by bokuboku-513 | 2009-06-19 22:40 | 美術

ミート矢澤

マスコミ・・・ブログ・・・たびたび耳にする ミート矢澤 に行って来ました。

11時半開店・・・10分前に行けば、大丈夫だろうという考えは甘く、

目黒川沿いに行列。

どうやら、一巡目は無理らしく、店員さんから、「12時5分ころの入店になると思います」

仕事のランチタイムらしき人も並んでいて・・・。

お天気も良く、40分近く並びました。入店は、店員さんの予想通り。

もしかしたら、二巡目狙いで、12:30頃に並んだほうが正解かもしれません。


もちろん、ランチは1000円のハンバーグ!

周りを見回しても、、みんなそうでした。

トッピングに、夫は目玉焼き、私はガーリックチップを注文。

ハンバーグは、皆さんが、おっしゃるとおり、ジューシー!さすがA5ランクの黒毛和牛。

お箸で、お肉を割ると、ミディアムレアのお肉から肉汁たっぷり。ナイアガラ状態。

ソースも和風であっさり。

美味しかった・・・。行列の理由・・・わかります。

d0137158_18211757.jpg


d0137158_18213781.jpg


トッピングはなくてもいいかな!赤ワインは、少々冷えすぎ!

夫・・・・「市ヶ尾のレモン(地元愛です)のハンバーグも安いし、捨てがたい」

私・・・「わざわざ来ないけど、五反田に用事がある時(どんな用事や?)は、また食べたい。」

でも、時間がたったら、もしかしたら、わざわざ食べに行きたくなるかも???

そんな良質なお肉の癖のない優しい、素直なお味のお得感のあるハンバーグでした。
[PR]
by bokuboku-513 | 2009-06-19 18:30 | 美味しいもの(ご近所以外)
次の日は、6時半に朝食。7時半出発です。

朝食はこんな感じ。何てことない朝食。

d0137158_13372333.jpg


年配の方が多いせいか、6時半に食堂に行ったら一番ビリでした。

バスで148号を北上し、北陸自動車道で糸魚川IC→立山ICへ。

日本海が見えてきました。雨模様になってきて・・・です。

いろいろ乗り継ぐので、集合時間に合わせ、バタバタ。

立山ケーブルカーで美女平へ。

大きな貨車を連結しているケーブルカーです。スキー板などを載せるそうです。

そして、立山高原バスで、室堂へ向います。

このバスだけシートベルトがなくて・・・不思議!

途中、ブナや杉の木がきれい・・・森林浴ができなくて残念でした。

美女杉は、女人禁制だった立山に入った尼僧が杉に変えられた伝説があるそうです。

残雪が見られ、水芭蕉が咲いていました。

ここは、一般車は入ってこないそうです。

運転手さんがスピードを落とし、車中から称名滝を見ました。

350メートルの落差日本一の滝だそうです。

4段に折れて落ちる水音が「南無阿弥陀仏」と聞こえるそうです。

水量の多い春先だけ、ハンノキ滝が現れ、一対の滝に。

d0137158_13531771.jpg


雪の大谷も車中から。GPSで道をさぐり、ブルドーザーで作るそうです。凄っ!職人技!

d0137158_1359239.jpg

 
もっと感動するかと思ったのですが・・・車中から・・・だから?あんまり感動しない。

室堂に着くと、最悪の天気!何にも見えません。悔しい!

そして、寒い!さすが2450メートル。風がビュービュー吹いて、屋内に避難。

d0137158_15201397.jpg


昨日は最高の天気だったというのに。こればっかりは仕方ありませんが・・・

福島から来ている人に、横浜だったら、また来られるでしょう・・・と。

天気がよければ、ミクリガ池まで歩けるのに残念でした。

ミクリガ池温泉は、日本で一番高いところにある温泉だそうです。

落ち込みながら、立山直下をトロリーバスで、大観峰へ。

ところが、ラッキー!

大観峰では、良いお天気。山の天気はわかりません。

黒部湖がエメラルド色に見えます。

山々が、鹿島槍、薬師岳、槍ヶ岳・・・ときれいに見えます。

d0137158_14514848.jpg


d0137158_1410726.jpg


立山ロープウェイで黒部平へ向います。

景観保護のため一本も柱のない日本一長いロープウェイだそうです。

黒部湖から黒部ダムへケーブルカーで向かいます。

d0137158_14522142.jpg


一番見たかった黒部ダム。

観光放水も6月末からで、これも残念!

「そんなに感激しないよ」とバイト先のMさん。

でも、やっぱり・・・すごい。大きさ、高さ・・・圧巻です。

幅30センチほどの木の上を歩き、測量している昔の写真や様々の写真。

世紀の大事業・・・その過酷さを感じます。

くろよん記念室も見たかったし、展望台も行きたかった。

でもでも、集合時間が・・・ツアーって・・・。これが見たいのに・・・。

黒部ダム→扇沢へトロリーバス。

赤沢岳の山中を通り、富山県と長野県の県境ラインがあり、

また、破砕帯のラインが水色で記してありました。



途中、立山黒部貫光(観光ではないのです)面白い駅員さんの説明があり、

グラフィックガイドを買いました。

観光客は、アジアの人も多いそうで、

そのためか、トイレにこんなステッカー

d0137158_1551975.jpg


昔は、洋式トイレの使用説明だったのに・・・

でも、トイレで携帯でこれ・・・撮ってる私って・・・変!





ツアーについているお土産はこんな感じ。

d0137158_1572773.jpg
d0137158_1574437.jpg




帰りは、車中でお弁当の夕食。

カツサンドにはビール・・・なのに、道の駅にも、SAにもビールは置いてない!

確かに・・・飲酒運転撲滅はわかる・・・でも、バスだし・・・。



また、ツアコンさん曰く。

土日1000円になってから、一般車が渋滞になっても、高速を下りない・・・そうです。

一般道はガラガラのことも・・・

渋滞を少しでも回避と、談合坂で休憩しないで、八王子の東京初めての道の駅で休憩。

あわただしいツアー旅行でした。。

[PR]
by bokuboku-513 | 2009-06-14 14:26 | 旅行