わんこと一緒に気ままに美味しい生活。


by bokuboku-513
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

別府大分毎日マラソン 観戦

別府大分毎日マラソン(別大) 観戦 してきました。

マラソン大会にも、格があるそうです。

国内選考レースであり、優勝タイム、国内外の招待選手などで、格付けはされるようです。

(賞金が出る大会に押され気味のようではありますが・・・)


そういう意味で、男子の場合、
      福岡国際マラソン(2時間45分以内が出場資格)

      別大マラソン(2時間50分以内が出場資格)

      びわ湖マラソン(2時間30分の制限時間)


あたりが、サブスリーのエリートランナーの格式高い大会なわけで、

市民ランナーにとっては、敷居の高い憧れの国際大会・・・それが、別大マラソンなのです。


なんぼ、少し速くなった夫でも、お呼びでない大会です。




それが、ある日、なにげに見たパソコンに・・・

60回 別大マラソンの制限時間緩和の文字が!

カテゴリー3枠(2年以内に、3時間30分以内の記録証)なら、参加資格が、夫にもある。

そうして、今年限りなのか、どうなのか、別大マラソン ツアーと相成りました。



真のエリートランナーには、面白くないことなのかもしれません。


でも、夫は、憧れの別大に出られる・・・と、ルンルンでした。

その記事を見つけた私を褒めてくれるほどです。

実際、知らない人も多く、1000人の枠が埋まるのに、1ヶ月かかったみたいです。

公式タイムの記録証をファックスで送り、速い順のゼッケン。



前日    ビーコンプラザで、ランナーの広場にて、競技者受け付け


d0137158_21101289.jpg


d0137158_21103244.jpg


d0137158_2111342.jpg




前日から、真剣に走りの調整をしているランナーが、そこかしこに。

みんな、見るからに速そうです。

当日  ランナーはバスで、うみたまご へ。

寸前まで、控え室にいられ、スタートはしっかりと、ゼッケン順。

時間をずらし、プレラインナップを作って、誘導される。

競技に集中できるように、お祭りではなく、競技会的な運営。

人数が増えても、混乱なかったよう。

竹瓦温泉に入った後、私は、4キロ付近で観戦。

d0137158_21531867.jpg


d0137158_2115490.jpg


d0137158_21155959.jpg


トップ集団。すごく速い。

しかし、関門が厳しいこともあり、あっという間に最後尾。

交通規制の短いことにびっくりしました。

エイドはあるわけなく、ドリンクも少なめだったそうです。

暑さを心配しましたが、途中から、薄曇になってきました。

d0137158_2123350.jpg


d0137158_21244770.jpg


私は、電車で、別府から大分へ。ゴールは、大分の陸上競技場。
d0137158_21251430.jpg


夫の目標は、3時間10分切りのPBです。

私が観戦した地点では、どこも予定通りの通過時間で、イーブンで、

目標達成です。

たいしたもんです。


いよいよ、フルマラソン1歳刻みランキングの100傑に入るようで、

それを今から楽しみにしている夫です。



来年の別大は、どうなるのでしょうか!?

ボストンマラソンのように、

年代別に参加資格タイムの設定を変えるのも、一考かとも思います。

また、敷居の高い大会があるのもいいかも・・・と、総論的には思いますが、

個人的には、このままで、来年も、別府に行きたいと思います。
[PR]
by bokuboku-513 | 2011-02-09 21:30 | 走ること