わんこと一緒に気ままに美味しい生活。


by bokuboku-513
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

道東の旅~知床へ行って来ました③   四日目

ラウスクルさんのタラバガニです。

d0137158_855538.jpg


今回も、ランニングシューズ・・・持ってきています。

小雨まじりなのですが、4時半に起き、走りました。

羅臼は、4時には、もう明るい。

日本最東の露天風呂・・・相泊温泉をめざし、走った後、温泉に入る計画です。

宿の方に聞くと「車で15分くらいでしょう」と。

北海道の人の車で15分って・・・20キロ???と少し心配になりました。

相泊までしか道国道87号線)がないようで、相泊まで何キロと表示がありました。

15キロ強のようです。

着いたら、Oさんに電話し、迎えにきてもらい、一緒にお風呂に入る予定。

ペンション近くには、「北の国から  遺言」で唐 十郎さんのために迎え火をたいた天狗岩もあります。

写真は、熊岩(遠くから見ると、20メートルほどの大熊が小熊を抱いているように見えます)。

何個か滝もあるのですが、もう名前もついていません。



d0137158_914469.jpg


右には海岸。左は、知床国立公園。

昆布漁の最中で、昆布を干す人たちが見え、昆布を乾燥室で乾かす良いにおいがします。

d0137158_971546.jpg


相泊温泉手前の瀬石温泉・・・10時からの入浴時間で、今は入れません。

d0137158_10282388.jpg




海中露天風呂・・・ここも「北の国から」で使われたそうです。

海に面した、とても素敵な露天風呂です。

でも、入れても、道路からも丸見え。混浴で、とても入れません。

ここで、Oさんの携帯に電話しましたが、なんと、電波が繋がりません。

昆布番屋で尋ねると、もう少し先へ行くと繋がるかも・・・と。

公衆電話はもちろんなく、民家もまばら。通る車もまばらです。

携帯が繋がらないとは・・・考えもしませんでした。

朝早い時間だったので、Oさんには何も伝えてなく、

雨足は強くなってきています。

少し走り、相泊に着いても、携帯は繋がりません。

ドコモなら、繋がるそうです。

・・・えっ?帰りも走り???朝食に間に合わない・・・と不安になりましたが、

幸運にも、近くに昆布番屋があり、そこで電話を借りしました。

よかったです。Oさんもしばらくして到着。一緒に温泉に入りました。

d0137158_9373366.jpg


温泉は、海からは丸見えなのですが、男女分かれていて、安心して入れます。

15キロほど走ってきた疲れた足には心地よいです。

走って、露天風呂・・・ペンションに帰り、朝食が待っている。最高です。

でも、良かった・・・帰りは、走らなくてもよくて・・・。

Oさんにも感謝です。

電話を借りた昆布番屋で、直売の羅臼昆布と鮭とばを購入しました。

あちこちにある、ずっと、気になっていた赤と黄色の旗について、

質問すると、赤は、昆布漁中止。赤と黄色は昆布漁協議中の知らせだそうです。

来る時に天狗岩で親子の鹿が遊んでいました。

帰りには、車に轢かれた子鹿・・・さっきの子でしょうか?

胸が痛みます。



さあ、帰路。岩見沢へ帰ります。生憎の雨。

帰路は、高速を使わず、道の駅に寄りながら、

羅臼~斜里~摩周湖~弟子屈~阿寒湖~足寄~鹿追~新得~富良野という経路です。

行きよりも、走行距離は長いようです。

摩周湖

霧の摩周湖・・・何とか、中ノ島が見えました。

摩周湖は、透明度が高い弱酸性の湖です。あまり、魚の繁殖には適さないそうです。

川が流れ込んでいなく、水位がほとんど変わらないそうです。

水面も動きがなく、見ていると吸い込まれそうな感じ。

d0137158_102490.jpg


摩周湖に湖畔はなく下には降りられないようです。

自殺する人も多いと聞きますが、

気持ちがわかるような神秘的な引き込まれそうな湖でした。

硫黄山

d0137158_105798.jpg


ちょっと感動でした。大涌谷のような感じ。

硫黄ガスがすごい勢いで吹き出ていました。

温泉卵を買ったのですが、黒くないのが驚きでした。


お昼は、足寄の道の駅で、チーズカレーを食べました。

足寄は、松山千春一色で、等身大の松山千春がいっぱい。

その後、新得の「そばの館」でおそばを食べ、食べてばっかりです。

10人が凍死したトムラウシ山の入り口を通り、

2日前に亡くなった方も元気にここを通ったのに・・・と冥福をお祈りしました。

サホロにCLUB MEDでスキーに来たことを思い出し、

富良野へ。

富良野も知床から帰ると、すごく都会!

夜、岩見沢に着くと、車の走行距離のメーターは、16キロ???

あれっと思うと、1016キロでした。岩見沢~知床の往復距離です。

北海道は広い!

わナンバーがいっぱい。
[PR]
by bokuboku-513 | 2009-07-21 09:46 | 旅行