わんこと一緒に気ままに美味しい生活。


by bokuboku-513
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ジョージ・マロリーは、山に登る理由は、そこに山があるから!と答えた。

でも、ただの叔母さんの私が登る理由では当然ない。

山に登らない人に、何が楽しいの?と聞かれる。

なんで、登るのか?登りたいのか?


今回、北アルプス表銀座といわれる燕山~常念岳を縦走してきた。

今の雑感を記してみる。

登り始め、身体が登りに慣れない。1時間だけ休まないで登ろうと思う。

息が切れる。やっと1時間。

もちろん、途中、綺麗な花があったり、紅葉があったりするわけだけど!

休んでも、まだまだ先がある!と思い、登る。

日帰りの場合は、早く帰ることも考え、登る。

何が楽しいのか!?

1時間1時間と繰り返すうちに、森林限界が訪れ、景色がひらけてくる。

途中、鎖やハシゴ!どうしよう?というところをクリアして行く。

今まで来た道が見える時もある。

そうして、頂上にたどり着く。登った者にしか見えない景色が現れる。

遥か彼方に、登りし道が見え、こんなに登ったのかと感激する。

これが、達成感?と、言葉に著すと?そうなのか!?

それが、登山の醍醐味!?

それは、それで、登る大きな理由。登山の楽しさ!
でも、それだけではないと思う。

私は前向きに、課題?のようなものを達成することが楽しいと思える強くて自分に厳しい人間ではない。




単独で登っている人が多い。

短い休みを使って、北海道から来ている人。

大阪から、深夜、車を飛ばしてきた男性。伊香保から、電車で、深夜に入りした人。

足が悪いし、一人だからと、あきらめて下りてくる人。

私とて、夫婦で登っていても、途中、会話はほとんどしない。

黙々と登るのみ。

なぜ、時間をやり繰りして、皆、遠くから、お金を使って、山に登るか?





私は、そこには、日常生活のしがらみからの開放があると思う。

そして、森林、自然からのパワー、森林浴によるデトックス効果もある。

そして、目の前の自然に、自分の身体のみを信じ、使用して登る。

マラソンと比べて、自然、天候に左右される部分は大きい。
〜勇気を持って撤退。山は逃げない〜などという言葉を山の先輩たちから教わった〜

また、何が何でも、自分の足で下山というゴールをしなくてはいけない。

そのような大変さは、しがらみを考える暇を隙を与えない。

また、自然の力が、風が空気が景色が匂いが癒してくれる。

山に癒やしを求める。山に癒される。


小屋では、お酒を飲みながら、社会的地位はもとより、名前すら知らない者同士

山の、今日の天候の大変さ、素晴らしさ、で盛り上がる。

一期一会の中のその場限りの楽しさ。







旧友は、離婚のがたがたした時、山に没頭していった。

酒でもなく、異性でもなく、薬でもなく、山。

それは、とても、ある意味、健全であると思う。

登り始めて、理解できる。



今回、二度目の小屋泊になるのだが、沢山の素敵な人に出会った。

私に元気を与え、前向きにしてくれる人たち。

それも、山の楽しさだと思う。

危険な箇所は、ハーネスで、妻と繋がり、登るという、頑強そうな男性(少し年上?)。
座ったまま、寝てしまったいる姿がなんとも男らしくて、素敵!
その男性に、ついて行く妻!

単独行なのに、パソコンでプリントアウトした
行程表を持ち、コースタイムに勝ったと嬉しそうに話す還暦過ぎの男性。
毎日、布団の上げ下ろしの際は、布団を持ち、スクワットを10回するそう。

障碍を持つ成人近いこどもと登る同世代の女性。
私は、夫に頼っているが、彼女は、彼女が息子をリードしている。


皆、それぞれの人生を抱えながら、

今日この日、同じ天候で、同じ山を登り、自然に抱かれ、時に、自然に翻弄され、同じ宿に泊まっている。

みんな、みんな、素敵な人たち!

そのような出会いが、単なる旅行では、わからない!

それも、登山の楽しさだと思う。


山は冬!私には、シーズンオフ!

沢木耕太郎の凍を読んでみる。

来年、また、どの山を登ろうか、山の本を開く。

d0137158_13594870.jpg


d0137158_1402520.jpg

[PR]
by bokuboku-513 | 2013-10-20 14:00 | 登山
登山バッジ用の額を購入しました。

d0137158_1502394.jpg


この額をいくつで区切ろうか・・・

あといくつの山が登れるのか・・・

一番最初の空間は、一昨年登って富士山用に空けてあります。

フルマラソンも、夫も通算100回は無理でしょう!

二人とも元気で仲良くいたいものです!



今回5個目は、大菩薩嶺!

だんだん日も短くなり、寒くなり、富士山も冠雪!長い行程は無理です。

大菩薩嶺は短い行程のわりに、稜線を歩き、

紅葉は綺麗で、富士山が見えるということ!

そのとおり、素晴しい景色でした。紅葉も綺麗!

d0137158_157999.jpg


d0137158_1574582.jpg


d0137158_1581547.jpg


d0137158_1583790.jpg


雷岩で、カップヌードルを食べたのですが、風が強くて寒いなんてものではありません。

ダウンのベストにシェルのゴアテックスのジャケットだったのですが、

10月で、この寒さです!いくら、手軽な登山とはいえ、山は侮れません。

後ろに小さく10才のラブが写っています。

引き締まったナイスボディーです!

アインピーには無理!

d0137158_1513468.jpg


勝沼フルーツマラソンの車規制にあい、登山口の福ちゃん荘で時間をつぶしました。

期待せずにいただいたほうとうに馬刺し。

ほうとうは今まで食べた中では、一番おいしかったかも!

d0137158_15162785.jpg


ほったらかし温泉に入って帰るのを楽しみにしていたのですが、それはお預けですが、

人間万事塞翁が馬! です。
[PR]
by bokuboku-513 | 2012-10-25 15:18 | 登山

赤岳に登ってきました。

夫は、とにかく、今年は赤岳、来年は、二泊三日で、槍ヶ岳に登りたい。

私は、根っからの臆病、根性なしなので、大変そうなのは・・・今ひとつ、乗る気がしない。

でも、夫は、

・・・無理そうだったら、止めればいいから~

・・・どんどん、膝が悪くなるから、今年、行こう~

・・・もし、滑落したら、毎年、慰霊登山に行ったげる~

と、よくわからないことまで、言い出す。

夫は、最後には、私がついて来ることを読んでいる。



赤岳は、八ヶ岳最高峰の2899メートル。

クサリ場にはしご。

どの本を見ても、中級者向け、健脚向け、小屋泊向け、と書いてある。

登山道がしっかりしているから、初心者でも大丈夫だとも聞く。

好日山荘でも、ノースフェイスでも、「日帰りですか・・・?」と言われる。

ただでさえ、膝に自信はない。大丈夫かなあ~との思いがいっぱい。

不安で、赤岳の動画なども見てみる。

でも、硫黄岳で、物足りなさを感じたのも事実。

行者小屋からの登山口までの2時間は、わりに平坦なので、

多少、膝が痛くても、最後まで、何とか歩ける・・・かも!?

気持ちは揺らぐ。


そんなこんなで、結局、昨日9月14日に決行。

家を出たのは、午前1時。

だんだん、日が短くなってきたので、何とか、午後2時には下りきりたい。

歩く時間が7時間、休む時間を入れて、5時には、歩き始めたいという逆算。

小淵沢から美濃戸登山口へ。

悪路がわかっていたので、私のパジェロミニで。

美濃戸登山口には、もう一組、日帰りの若者の登山者。

若者たちは、より歩行距離の長い北沢コースへ行くらしい。

私たちは、南沢コースへ。

少しづつ、空が白み始めてはいる登山口で。

d0137158_1117588.jpg



美濃戸から行者小屋までは、河原沿いを歩き、樹林帯。ゆるやかな登り。

夏に道を間違えた人がいたようで、注意書きがあり、黄色いテープが貼ってある。

この樹林帯も日が落ちたら、真っ暗だろう。

順調に2時には、下山したいと思う。

日帰り登山が少ないためか、平日のためか、数人とすれ違うのみ。

本の時間通りのコースタイムで、2400メートルの行者小屋へ。

d0137158_1118495.jpg



ここからが本格的な登山道。ここから、さらに、500メートル近く登らねば。

赤岳が見える。硫黄岳の時と違い、晴天。

ストックをしまう。

地蔵尾根と文三郎尾根の二コースがあるようだ。

本によっては、文三郎のほうが簡単と書いてあるものもあるが、

夫は、登りは、クサリ、はしごのある地蔵尾根

下りは、階段の文三郎尾根が良いだろうと言う。

そうかな~?と思いながらも従う。

行者小屋から30分ほど歩くと、クサリ場。

それほど、クサリを頼りにしなくても大丈夫。

そして、はしご。

下は見ない、しっかり、はしごの段を握り(もしもの時に、それがいいらしい)、

三点支持で進む。

余裕もなく、下を見ないから、その状況がはっきりはわからない。

何も考えていないような、いるような、感じ。

そして、15メートルのクサリ場。

三点支持で、あまり腕を伸ばさないように、クサリにはあまり頼らないように。

眼の前しか見ていないので、クサリから離れてしまうこともある。

そうすると、浮石が多くなり、軌道を変える。

d0137158_11371039.jpg


d0137158_11374383.jpg


足がすくむところもあるが、見ない。

しかし、塔の岳で一箇所あったような90度近いような場所はない。

何とか、登りきる。行者小屋からは、1時間20分。ここもコースタイム通り。

そして、地蔵の頭へ。今日の登山の無事を祈る。

d0137158_13184443.jpg


地蔵の頭からは、稜線が見え出す。1時間弱で、頂上に着くはず。

はるかかなたに、行者小屋が見える。こんなに歩いてきたんだ!と思う。

そして、

2720メートルの赤岳天望荘へ。明日からの三連休に備え、

ヘリコプターが物資を運んでいる。

d0137158_11562561.jpg


d0137158_12243695.jpg


クサリ場なども、スキー場のゲレンデと同じように、

人が少なく、空いていて、今日はラッキーだったかもしれない。

後、もう少しと思い頑張る。

追い越した人から、健脚だね!と言われ、少し良い気分。

空気が少し薄くなり、息が上がるものの、足は大丈夫。

少しは、日ごろのジョギングが役立っていると思う。

そして、赤岳の北峰へ登頂。

赤岳頂上小屋で、バッジを購入。

d0137158_1291976.jpg


さらに、数分歩いて、赤岳の頂上へ。

d0137158_12111665.jpg


d0137158_12114225.jpg


d0137158_12121223.jpg


良い天気。

どの山が、なんなのかわからないのが悔しい。

稜線が綺麗に見え、こんなに登ってきたんだと、感激する。

はるか彼方に見える行者小屋。

登山は何が楽しいのか?

達成感だというが、それは、稜線が見えることによって、倍増すると思う。

帰りは、文三郎尾根から。

d0137158_12344039.jpg


延々と階段が続く。膝には負担だが、足の置き場が決まっているので、楽ではある。

階段には、マムートのマンモスマークがある。

夫が言うように、登りは地蔵で下りが文三郎が良いと思う。

下山しながら、中岳、阿弥陀岳を見上げてみる。

d0137158_12372174.jpg


下山は、怖がり+膝が痛いので、コースタイムよりも長くかかってしまう。

膝が熱を持っている感じで痛いが、腫れてはいない。

しかし、2時10分過ぎには、下山。

予定通り。なんとかなった!



下山し、小淵沢の道の駅で、足湯。疲労しきった足が生き返る。

高原野菜を買って帰る。

横浜では、なかなか見つからなかったコリンキーが売っていたので、購入。


夫は、「いろんなところへ、運転手つきで来られて幸せでしょう!?」と言う。

頷くこともなく、首を傾げる。

どうして、登山することになったのか?

と二人で考えるが、はっきりとはわからなくなってしまう。

マラソンは、正月太りから、私が始めたとわかっているのに!

何故だろう!?

ミーハーだから~山ガールの乗りで?

それもある!

しかし、思い起こすと、昨年の上高地

膝を悪くして、ステックついて歩いた横尾。

そこで見た、穂高や槍ヶ岳を目指す人たちを

膝が悪いので、マラソンと違い、途中棄権のできない登山は無理だと思い、

羨望の目で見たこと。

これが大きかったかも!

今日は、大腿四頭筋が筋肉痛。

大腿四頭筋・・・使ったんだね!翌日の筋肉痛も含めて、登山!
[PR]
by bokuboku-513 | 2012-09-15 11:09 | 登山
登山づいています。

当初、赤岳の予定が、8月最終日曜日~帰りの中央道は渋滞必至。

渋滞大嫌いの夫は、登山時間の短い硫黄岳にしようと言い出したのです。

楽なの大好き~二つ返事でOKです。

朝早く家を出て、渋滞前に帰途につく計画。

が・・・・・早く家を出たのに、SAで、二人とも寝入ってしまいました。

幸い40分ほどで起きたのですが、あのまま、寝ていたら、早く起きた意味がないところでした。



硫黄岳は、諏訪南インターから、桜平の登山口に入っていくのですが、

その登山口までの道が悪いのには参りました。

車高の低い夫の車では、すれすれ。後悔、後悔、大後悔です。

ゆっくりゆっくりと、歩くようなスピードでないと、擦ってしまいます。

私は助手席で座っているだけですが・・・。




硫黄岳は、八ヶ岳の入門の山だそうです。

登山口がすでに、標高1915メートルあるので、3時間弱で2760メートルの山頂に行けます。

標高が高いので、そこそこ涼しく、虫はあまりいず、ラッキー。

ルートは、桜平~夏沢峠~山頂~赤岩の頭~オーレン小屋~桜平。

登山道は、均されていて、とても歩きやすい。

クサリやはしごはなく、高尾山の次に登る山だと思う。

途中で、トリカブトの花らしい。

d0137158_21362042.jpg


花の名前も少しづつ覚えようと思う。きっと、そのほうが楽しい。

北側の爆裂火口を見るのを楽しみにしていたのに、火口は、もやの中。とっても、残念。見たかった!

d0137158_21305863.jpg


時々、硫黄の匂いはする。

山頂で。山頂は広い。山小屋がないのが残念。

d0137158_7214066.jpg


一番高い赤岳の雲がなかなか切れない。

d0137158_21385088.jpg


d0137158_21391719.jpg


鍋などを買ったので、マルタイラーメンを作って食べる。

コーヒーを飲む。

下山して、硫黄岳を見上げると、あんなところまで行ったんだ!と感激する。

山頂でゆっくりしすぎ。。。

また、でこぼこ道を通り、やっぱり、中央道の渋滞へ突入。

渋滞すると、バイクと車の接触事故多し!
[PR]
by bokuboku-513 | 2012-08-27 21:44 | 登山
夫は、赤岳に登ると言っています。

私は、早起きしたくなく、また、サッカーが観たい。また、自信がないので、猛反対!

塔の岳になりました。




アインがまだピースを産む前、二歳の頃、アインも一緒に三ノ塔まで登ったことがあります。

その時も、ヤビツ峠からでした。

今思うと、恐ろしいのですが、早朝、リードをはずし、登りました。

当時、野生の動物を追いかけて行ったら・・・とは思いましたが、

今ほど、ガウガウするアインではなかったのでした。

写真は、7年前のアイン。夫の首には、犬笛。

d0137158_20234737.jpg


そして、三ノ塔に来た時、ちょうど一緒になった中学生ほどの男の子が

はるか遠くに見える塔の岳まで往復すると話していて、

すごいなあ~と感じたものでした。

今回は、その塔の岳までです。

夫は、「二ノ塔までが、すごく急だった記憶がある」と言うのですが、

私には、全くありません。

夫よりも体力があるわけではないので、やはり、忘却のためでしょう。



ガイドブックによると、5時間50分、11キロ、標高差750メートルの健脚向けのコースです。

確かに二ノ塔まで、きついし、景色は何も見えないし、嫌になります。

途中、ガレ状の道で、アインが先に行って待っていたのを思い出しました。

今は、ご飯以外に動かない頑固なアインです。

あの頃は、若かった~と犬の時間のはやさを感じます。

今のアインには到底登れません。全体重をかけて、「私は登らない」と座り込むでしょう!


三ノ塔で一休みしてから、行者岳へ。ここからは、未知なる道。

ガイドブックには、またまた、クサリ場があると書いてあります。

クサリ場・・・クサリ場・・・不安を感じながら、進みました。

d0137158_18392052.jpg


先日、テレビで、運動神経が良いとは、

その運動に対して、どのように身体を使えば良いかが頭でわかり、

また、身体がそのイメージどおり動かせること・・・だそうです。

私は、どのようにクサリを使えばよいのかわからず、夫にあきれられました。

やっぱり、運動神経は悪いようです。写真で見ても、変!

その後~新大日で休憩。

後から来たおじ様が、

「次で最後。塔の岳には、すごいものがあるんだよ」と教えてくれました。

真顔で、「何ですか?教えてください」と聞き返すと、

「内緒だよ!」・・・・と、おじ様、少しじらしながら・・・「それはね・・・達成感」と。

d0137158_18482512.jpg


d0137158_1849240.jpg


山頂に着いても、あまり景色はよくありませんでした。

売店で、ビールを購入。350mlのビールが500円。

人力でここまで運んでくるそうです。

ここでも、バッジも購入。

ジェット ボイルというすぐにお湯が沸くバーナーを買ったので、

インスタントのコーヒー、フリーズドライのご飯、スープなどを食べました。

夫が4リットルの水、その他いろいろ、運んできました。感謝です。

なんでもないものが山頂では、とてつもなく、おいしいです。

大きな鹿が現れました。

d0137158_1856157.jpg


1時間ほど休憩して、下山です。

谷川岳の時よりは、スムーズに足が出ている気がしました。

とはいえ、ストックがいらなくなると、夫に持たせ、

やはり怖いところは、お尻で下ります。

鳥尾山から三ノ塔への登りが、とてもきつい。

二ノ塔からは、下りのみだから・・・と自分に言い聞かせ頑張る。

山頂で会った人たちは、大倉へ下りるのか、誰にも会わない。

d0137158_19245333.jpg


健脚だとは思わないけれど、何とかなった。

次の日、足の筋肉痛は軽度のみ。

やっぱり、少し上手に歩けるようになったみたい。

こうして、少しづつ、山歩きに慣れていきたい。


駐車場へ戻り、登山靴を脱ぐ。

夫の靴下が三分の一ほど、血まみれ。

どうやら、靴下を履く時に、山ヒルが入ってきたらしい。


帰りに、湧き水を汲んで持ち帰る。

お盆の渋滞が始まっているのか、秦野中井~町田が50分。
[PR]
by bokuboku-513 | 2012-08-14 18:18 | 登山
8月5日 日曜日  谷川岳に登ってきました。


何故に、登山????



一昨年は、富士山にランシュで日帰り登頂。

去年は、上高地の横尾で、周囲の登山客に羨望のまなざしを向け・・・

登山へ気持ちが向う素地はあった・・・


そして、ブームに乗りやすい性格。

先日は、amazonで、「炎のランナーのDVD」購入しようとしたら、品切れ。

なんて、私って、一般大衆と、自嘲。。。



そして、登山3種の神器・・・登山靴、レインスーツ、リュック

ららぽーと・・・・好日山荘、NORTH FACE、ゼビオへと向かい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・買い揃える運びに。

車で行けて、日帰りできる山。

そんなくくりをしながらも・・・

私は、膝の不安で、いかなるところも自分しか頼れないのを怖がり、

夫は、赤岳だの、槍ヶ岳だの・・・登りたいと・・・無茶を言い出す。




そんなこんなで、谷川岳に。

夫が言うには、ロープウェーで高度を稼ぎ、簡単に2000メートル近くまで行ける。

5時間歩いて、日帰り。高山植物が綺麗。稜線が歩け、景色も綺麗。

それなりの達成感。

d0137158_15103543.jpg


d0137158_15112762.jpg


d0137158_1512531.jpg


d0137158_15131100.jpg


トマノ耳にオキノ耳。

霧でそんなに景色はよくない。

高山植物は、一つ一つ名前がわからないが綺麗。

ずっと、虻と一緒に登ってきた感じ。絶対、長袖、長ズボン!



鎖場やガレ場。

登りながら、帰りの下りの大変さを考えてしまう。

どうやって登るの?・・・下りるの?と考えてしまうくらい、

身体がスムーズには動かない。その上に、高所恐怖症。

下りでは、うまく前傾が取れず、最後は、お尻で下りてくる始末。

山ガールぶって、スカートをはいたものの、お尻で滑るのでは、台無し!

どうみても、私よりも年配に人に抜される。皆さん・・・すごい!

稜線が見えるのは、まだあそこまで行かなくては・・・と憂鬱になる反面、

自分の歩いてきた道を振り返り、こんなに来たんだ~と感激。



無事、下りて来て、膝に感謝。

マラソン同様・・・終わった~との感覚!これって、達成感!?


谷川岳のバッジ購入。登った山のバッジを額に飾ることにする。

靴も買ったし、やっぱり、夏山・・・登るのかな!

今回、約5時間の登山。初心者向けのコースなのに、、それなりに辛かった!大丈夫?私?!
[PR]
by bokuboku-513 | 2012-08-14 15:25 | 登山