わんこと一緒に気ままに美味しい生活。


by bokuboku-513
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

貝掛温泉

法師の湯に入って帰りたかったのですが、多分、日帰り客で、いも洗い。

さすがの私も、そのような状況では、混浴は無理・・・

と、苗場の帰りに、貝掛温泉に立ち寄りました。

d0137158_17154422.jpg


d0137158_17301530.jpg


これがなかなか良い温泉でした。鎌倉時代からある湯どころ。

目に良い温泉として有名です。

d0137158_1728849.jpg


d0137158_17284417.jpg


メタケイ酸などが含有、なんでも、参天製薬の目薬と成分が似ているそうです。

泉質は、ナトリウムカリウム塩化物泉です。

生理食塩水に近く、目を洗ってもしみないのではないでしょう!

湯量は、相当多いようです。

37度と低温なので、加温しているお風呂もありました。

ず~と、入っていられそう。

万座温泉のような温泉温泉した泉質ではありませんが、柔らかい良いお湯でした。




d0137158_1737639.jpg


お昼は、貝掛温泉で、おそば。なかなかおいしいおそばでした。

玄関で、せいろで何かをふかしている様子。

尋ねると、笹団子だそう。食べたいとお願いしたのですが、宿泊客のみで駄目でした。

これから、チェックインするお客さん用みたいでした。

考えてみると、今はどこでも、チェックインすると、お茶菓子が部屋においてありますが、

以前は、こうして、お客さんの到着時間を見計らい、

蒸し立てのお饅頭を出していたのでは・・・

そういう気配りってすごく嬉しい。





先週の長野の旅館でも、いろいろな気配りがありました。

スリッパや浴衣の大きさが私のサイズだったり、そんなささいではあること。

朝のテレビで、日本の木の風呂桶を輸出しているという会社がありました。

日本のお風呂の文化、木目こまやかな心遣い・・・

大金持ちだったら、日本食だけではなく、そのような旅館を海外に作るのに・・・

なんて・・・私の考えることは、もうすでに、誰かがやっていそう!
[PR]
by bokuboku-513 | 2012-05-19 13:49
夫婦で大滝(おおだる)温泉~天城荘に行ってきました。

少し前に、テルマエロマエを観て、エンドロールのテロップで、夫がチェックしていたようです。

映画のほうは、頭が空っぽになって観れます。ただ、それだけ!

封切間際だったせいか、久しぶりに満席に近い入りを経験しました。

この温泉は、映画 ノルウェイの森でも、ロケに使われたそうです。


温泉は、絶景です!久々の感動!温度もちょうど良い感じ!

地球って、すごい!

外湯めぐりのためのスリッパが何十足もあるのに、今日は私達二人のみ!

この素晴しさを二人占めです!

森林浴~5月の新緑!木漏れ日!滝と川の音。

温泉によっては、冬のほうが風情があるところもあるのですが、ここは、断然今がいいと思います。

大滝の水しぶきと、小さな小さな小枝や葉っぱがキラキラと天から落ちてきて、

本当に綺麗!

頭の中は、サッチモの曲「What a wonderful world」がエンドレスに流れます。

なんて、幸せなんでしょう!

子宝の湯・・・関係ないので、入りませ~ん。

d0137158_1258821.jpg


穴風呂・・・奥行き30メートル。男湯と女湯と入り口が分かれているのですが、奥で合流。

d0137158_12583956.jpg


河原の湯(滝見の湯)

d0137158_13172031.jpg


d0137158_130747.jpg


d0137158_1304698.jpg




d0137158_1311733.jpg


見たことがあるようなないようなフットマークブランドのスクール水着のような水着を300円で借りました。

スタイル悪いのに、この水着はハードル高し!

いつも、旅行の時は、温泉グッズは持参するのですが、今度からは、水着も忍ばせようと思います。

ここの温泉は、水着着用は義務?のようで、

看板には、露出している人を見かけたら、一報するように書いてありました。





テルマエロマエの北温泉も行ってみたいものです。

伊豆も温泉だらけ!火山列島たる所以を感じます。



アインピーは、日陰に車を置かせてもらい、留守番です。

誰もいないので、お風呂に一緒入れればいいのに、そういうわけにもいきません。

心細そうにしているピースにアインは「大丈夫だよ~」と

なめなめしています(写真は部屋の中)。

d0137158_13195856.jpg


アインには~いつまでも、長生きして欲しいです。ピースのためにも!
[PR]
by bokuboku-513 | 2012-05-19 13:09 | 旅行
二泊目は、野沢温泉へ。

麻釜の目の前の住吉屋です。部屋から麻釜が見えます。

お茶とともに、飲用温泉水がおいてありました。

麻釜は、温度の違う5つの自然湧き出し温泉。一般人は事故防止のため立ち入り禁止。

d0137158_20562350.jpg


d0137158_20572038.jpg


住吉屋は、チェックインが12時。野沢温泉には、13の無料共同浴場があります。

5個入りました。写真は、街のシンボル大湯。

d0137158_2135488.jpg


熱くて入れず。野沢温泉の湯は、一般的に高めです。

真湯・・・一番濃い温泉だそうです。
       いつもは、熱いそうですが、ちょうど良い温度。雪解け水のためだそうです。
       今日は、白い湯。その時により、色が変わるそうです。

熊の手洗湯・・・・一番ぬるめ。

滝の湯・・・緑の温泉。湯の花がひじきみたい。

他に、上寺湯、河原湯に入りました。

住吉屋は、リピーター、ファンが多い旅館です。

旅館のいろいろなところに、のらくろの作者 田河水泡さんの絵がありました。

田河さんはじめ、有名な漫画家さんが10数人、毎年泊まられてたそうで、

皆さんで寄せ書きした絵がいっぱい。鑑定団に出したいようなものばかり。

宿のお風呂は、決して大きくはありませんが、いい感じの鄙びた感です。

ステンドグラスが素敵です。雰囲気は、露天よりも内湯が好き。

d0137158_21235017.jpg


食事は、蔵座敷でいただきました。

いくつか夕食をいただく場所があるようで、蔵座敷は2組のみ。

有名な取り回し鉢。

d0137158_21255455.jpg


本日のメイン料理

d0137158_21264851.jpg


もう少し麻釜でゆでた野菜のような単純な田舎料理かと思いきや、

なかなかどうしてしっかりした日本料理。やや味は濃い目ですが・・・おいしいです。

住吉屋の前で。

d0137158_2127344.jpg


.........................................................................................................................

今回の目的は、あくまでも、長野マラソン。

3泊目は、大会のパンフに入っていた宿の中から、湯田中温泉へ。

食事会場には、こんな文字が!

d0137158_21483494.jpg


長野マラソンは、街ぐるめで歓迎、応援してくれる気持ちの良い大会でした。






   
[PR]
by bokuboku-513 | 2012-04-23 21:27 | 旅行

長野で泊まる ~明神館

夫が長野マラソン出場。それに、かこつけて、長野へ同行です。

一泊目は、松本から車で30分。扉温泉明神館です。

桜は、まだつぼみ・・・残念です。


一休のサイトで明神館にしては安く泊まれました。

部屋つきの露天風呂なんていらない~大きなお風呂のほうがいい!

なので、食事やサービスが一緒なら、安いお部屋がコスパがいいに決まっています。

一泊した感想は~大満足です~自宅から少し足を伸ばせば良い距離では、一番好きかも!

あさばと比較しては、値段が違いますから、一概には言えませんが、

すぐにでも、また行きたいお宿です。



気に入った点・・・

そこかしこに、無料のサービス・・・無料に弱い私です。

布団の固さや枕。グチャグチャにならない掛け布団。パジャマの用意。

食事が選べること。

食事の時間を決めなくても良いところ。

オーガニックフレンチにしました。その中の一品。

d0137158_15432029.jpg


朝食は和食に。

d0137158_15455548.jpg


お夜食のおにぎり。

d0137158_15504946.jpg


宿内の雰囲気。接客。談話室の風景。

d0137158_6272945.jpg


d0137158_6281181.jpg


d0137158_15441826.jpg


d0137158_1545122.jpg


立ち湯。

d0137158_15464127.jpg


今回のお部屋は、立ち湯のすぐそば。何度も入りました。

露天風呂

d0137158_629135.jpg


お湯自体は、循環式で、単純泉。魅力に欠けますが、川のせせらぎの音。

景色~十分です。



また、行きたいな!お得プランを見つけて!



ここのお宿も、繋がるのは、ドコモだけ・・・

少し松本に近づくと、au。ソフトバンクはかなり、松本に近くなってから。

ソフトバンクは、プラチナバンドで、少しは、改善するのか???

[PR]
by bokuboku-513 | 2012-04-23 15:54 | 旅行
伊豆シャボテン公園は、東京育ちの夫は、幼少のころ、来たことがあるそうです。

私は、初めて。

アインとピースも、数箇所以外は大丈夫です。

私の目的は、カピバラ。カピバラの温泉浴で癒されたい053.gif

世界最大のねずみ!

d0137158_21165016.jpg


d0137158_21172577.jpg


残念ながら、温泉には入っていませんでした。

ず~と、ライトの暖かい処にいて、動きません。

期待が大きかっただけに、少々・・・期待外れです。



次に、チンパンジーのところへ。

d0137158_21311868.jpg


寝ている方のチンパンジーが、突然お尻を池に向け、大きいほうの排泄をして、

自分の手で、排泄物を手で受け止め、ずっとそれをながめていました。

3分ほど気になり、私達も観ていましたが、動きはありません。

その場を後にしましたが・・・

後で、飼育員の方から、排泄物も投げることもあると聞きました。




放し飼いのリスざるの近くに行きたいのですが、アインとピースも一緒なので、行けません。

・・・歩いて、モモイロペリカンのところへ。

アインとピースが前を通ると、1羽のペリカンが近づいてきました。

ボスなのでしょうか?アインとピースを威嚇しているようです。

アインとピースはあまり、反応していません。

ペリカンが岩の上に乗り、アインとピースのすぐそばに来て、

羽を広げ、大きく嘴を開けました。

写真を撮る余裕はありません。

d0137158_21291593.jpg


一瞬緊張し、夫がリードを引き、アインとピースは後ずさり。

d0137158_22242180.jpg


アインは一呼吸してから、ワンワン吠え出しました。

ピースは、いつもあんなにうるさいのに、だまったまま!

モモイロペリカンが何よりも、印象的でした。

d0137158_21361094.jpg

[PR]
by bokuboku-513 | 2012-02-14 21:37 | dog
大室山に行ってきました。

アインがまだ若い頃、大室山のすぐ前のペンションに泊まったことがありますが、

大室山に登るのは初めてです。

リフトで犬も上に上がれるようです。

シェルティーやボーダーコリーは上がっていました。

アインとピースは???

まず、リフトに乗っけるのが大変そうです。

アインとピースを一匹づつにしたら・・・

夫が先に乗ったら・・・大変なことになるでしょう・・・

徒歩で登れればいいのに・・・保護のため・・・駄目なようです。

登頂し、お鉢巡りをしました。約1キロ、20分です。

遠くには、大島が見えます。

d0137158_2125818.jpg


そして、三浦半島、房総半島もうっすらと見えます。

360度視界が開けています。

なかなか・・・面白いところ。何度でも来たいところです。

訪れた次の日が、大室山の山焼きの日。一日ずれていれば・・・と残念です。
[PR]
by bokuboku-513 | 2012-02-14 21:06 | 旅行
大分に行ってきました。昨年に引き続き、夫の別大マラソンに随行です。

前日から雪が降り、隣町は、観測史上一番の低温。由布院から先の高速道路は通行止め。

大分と由布院では、全然、温度が違うようです。

ノーマルタイヤのレンタカーで、ゆっくり行きます。

観光したことを、つらつらと。

熊野磨崖仏

時間が少々あるからと、国東半島、豊後高田へ。

d0137158_17402215.jpg


急な石段を15分ほど、息を切らし、上ります。

一晩で鬼が築いたという伝説がある石段です。

そして、やや広いところへ出て、見上げると、

d0137158_17423998.jpg


約8メートルの不動明王と大日如来像です。

不動明王は、怖い顔ではなく、困ったようなお顔。

平安末期に作られたそうですが、

一体、誰が、どのような思いで、これを作ったのか、

なんとも言えず、感動してしまいました。

ガイドブックには、

時空の彼方に物語が眠る、千年のロマンと感動の出会い・・・と書いてあります。

国東半島は、神社に仏が祭られていたり、不思議な場所でした。

こんなことなら、ランチを予約しないで、もっと、もっと

石仏を見ていたいと思いました。それは、また、来年のお楽しみ。


由布院湯の坪街道

後方に見えるのは、由布岳です。

d0137158_2053024.jpg


d0137158_206143.jpg


昨年は、そぞろ歩きできなかったので、今回はゆっくりと。

町全体が一丸となって、おもてなししている雰囲気がつたわってきます。

いろいろなものを食べ歩きたいのですが、夕食に備えて、ぐっと我慢しました。

韓国人の観光客が多いです。


高崎山自然動物公園

猿は飼育しているのではなく、自然に山にいる猿を猿寄せしているそうです。

A群B群C群がいるそうですが、数年前に闘争があり、A群は降りて来なくなったそうです。

ちょうど、猿寄せの時間になりました。

d0137158_1824774.jpg


小麦のえさを撒くと、女、子どもの猿が最初に食べます。

係員の説明によると、ボス猿(αオス)というのは、一番群れの中で、古い猿だそうです。

強い猿ではないそうです。αオスは、一番メス猿にもてないそうです。

猿は自由恋愛なので、そうして、近親相姦を自然に防いでいるそうです。

寒い中、猿はみんな陽の当たるところにいます。

グルーミングしているのは、親戚や家族も猿同士だそうです。

先天性の障害で二足歩行するサヤカを探しましたが、わかりませんでした。

今、話題になっているピーちゃんは、発見しました。

モモコの子どもで、ピーチのピーちゃんです。

下の子が生まれて、お母さんが世話してくれず、いつも一人だそうです。

また、他の猿と色が違うので、仲間外れにされている???

でも、ピーちゃんだけが、一人って感じしないんだけど。

でも、でも、他の猿がおんなじ立場でも、区別が出来ないか!。

ピーちゃんは白いお手手と白い羽根・・・だから、わかるけどね!

d0137158_1882044.jpg


お猿さんを見ていると、いつまでも飽きません。



写真はないのですが、これぞ、別府という風景は、山側の鉄輪温泉の周囲。

地熱発電日本一の大分。あちこちから上がる蒸気。

地球のとてつもないエネルギーを感じます。

次回は、鉄輪温泉に地獄めぐり・・・してみたいと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

交通標識に、しらしんけん・・・・・????

焼酎にも、知心剣・・・・・・・・???

しらしんけん   って、ひたむきに・・・という意味だそうです。

バイト先で、高知の方言・・・下敷きのことを・・・すけした

すけした????

方言は面白い!!!!
[PR]
by bokuboku-513 | 2012-02-08 17:55 | 旅行
4泊5日だったのですが、朝は、ホテルのバイキング。

まず、仁川空港で・・・

I'm Realのジュース。キウイ味。はまります。濃厚です。空港には、苺とキウイのみ。

コンビニで買ったヨーグルト味は今ひとつなのですが、他のものも飲んでみたい。

何故・・・日本に入ってこないのか・・・残念でなりません。



2日目の昼食・・・明洞餃子

d0137158_1452855.jpg


   味は普通です。並ばなくて食べられました。これが、各8000W。安いです。

   
そのまま歩いて、北村散策し、三清洞から景福宮へ。寒いです。

d0137158_1481199.jpg


新しいのか古いのか。わからない町並み。

そして、前回行けなかった、土俗村へ。

2時近くだったのですが、並んでいました。韓国の地元の人も多数。

サムゲタンが2種類。

d0137158_14115534.jpg


美味しいです、冷え切った体に染み入る感じ。キムチにカクテキもおいしかったです。

夜・・・中途半端にお腹いっぱい。

東大門へ行きました。タッカンマリはあきらめ、広蔵市場へ。

一人では怖いかも!?全然、日本語は通じない。

写真も撮れず・・・ピンデトックと麻薬キンパプを購入。

ピンデトックは油こい。麻薬キンパプはとってもおいしい。

韓国に行ったら、麻薬キンパプは、また食べたいと思います。ミシュラン的には、星2つ。



3日目の昼夕食・・・・新羅Hのバイキングの朝食でお腹いっぱい・・・

地下鉄で、アックジョン~新沙を散策。

美容外科が多い、綺麗な町並み。江南は感じが違います。

車は、ほとんど韓国の国産車しか走っていない感じ。

新沙の目的は、カンジャンケジャン。

日本からクーポンを印刷し、ケランチムのサービスしてもらうつもり。

ところが、プロカンジャンケジャンという同じ名前のお店が2件並んでいました。

私のクーポンはどちらなのか???

強引な客引き合戦・・・・で中に吸い込まれ、誰もいない店内。

少し、不安になりました。

カンジャンケジャンは、過去2度食べたことがあります。

1度目は、前回の韓国旅行で、韓定食に入っていました。

泥臭くて、食べられませんでした。

2度目は、赤坂のプロカンジャンケジャンで。

皆で分けたこともあり、食べたのか食べてないのかわからない状態。

さて、今回は・・・

d0137158_14505417.jpg


大きさは、赤坂で食べたものの比ではありません。

美味しいです。表現力が乏しいのですが、

これを食べにだけの目的に、韓国に来たいほどです。

この後、いただいたケアルピビンパブ(かに味噌合えご飯)もすごくおいしいです。

結局、隣あわせの2軒とも、本家プロカンジャンケジャンではなく、

赤坂にお店を出した藤原紀香の宣伝のあるお店ではなかったのですが・・・

美味しかったから、良しとします。

多分、味はあまり変わらない・・・ということを願っておきます。

でも、日本の感覚からいうと、同じ名前で、すぐそばにお店を出すなんて、考えられません。

プロカンジャンケジャンって、商品名ではないのだしね!



3日目の昼食

夫のソウル赴任の友達S君と合流。

明洞のシンソンソルロンタンへ。

少し、胃も疲れているので、いい感じに、美味しいです。

S君の部下の韓国の男性に、ソルロンタンとコムタンスープとの違いを質問

よくわかりませんでした。

テーブルにアルミのキムチ入れが入れ込まれているのがすごい。


3日目の夕食

明洞で焼肉・・・お店の名前・・・忘れました。S君夫婦も一緒に。

生カルビにユッケ・・・なんて、美味しいのでしょう!

d0137158_1521694.jpg


ユッケ・・・久しぶりに食べました。

このランクの生カルビ・・・日本で食べたら、いくらなのか・・・

S君夫婦は、焼肉を食べる時は、いつも、わさびと醤油パックを持参するそうです。

このランクのお肉だと、わさび醤油がまたよく合いました。

そして、生マッコリにビールも格別でした。



そんなこんなの旅行でした。食べたいものがいっぱいでも、お腹のスペースは限られています。


お土産には、新世界百貨店近くのロッテマート88でロッテの餅入りチョコを箱買いました。

マーケットOは随分日本に入ってきましたが、これは、まだかも!?
[PR]
by bokuboku-513 | 2012-01-07 14:24 | 旅行

2度目の韓国

11月に韓国に行ってきました。

マイレージで夫婦で行ったので、ホテルは、鉄板。新羅にロッテ。

楽天で予約したのですが、大して変わらない値段で、部屋その他・・・新羅が格段にGOOD!

ただ、地の利は、ロッテ。





今回、感じたことを、ダラダラと羅列。その後に、食と観光少しで、まとめます。

円高、ウォン安なのに、大きな買い物はまるでせず。

唯一・・・あれば・・・買おうと狙っていたものもなく・・・
           ・・・・中国やロシアの方々がいっぱいお買い求めなようです・・・


夫と一緒なので、エステもパス。

明洞で、too cool for schoolのおしろいを「キャー可愛い」とパケ買いしても、

賛同の声なく・・・です。


驚いたこと

   コンビニで、賞味期限が過ぎたものが普通においてありました。

後で気付き、交換してもらいました。

   皆、皆、優しいです。

夫のソウル赴任の友達S君によると、他人への興味が半端ないそうです。

   スマートフォン率の高さ。電車内での通話のうるささ。

   素晴しい地下鉄。

   南大門や東大門の活気。夜の9時から開く市場・・・信じられない。

   車の運転の乱暴さ。車線変更は、ウィンカーなし・・・ウィンカー出したら、詰められるそうです。

あんなに近代的なのに、トイレに紙を流せない!?



  帰る時に、また来たいと思う私・・

  夫は、それほどでもないようでした。

  
[PR]
by bokuboku-513 | 2012-01-07 13:51 | 旅行
去年の10月にお邪魔した館山のペンション  しぶごえ 弐号館 へ行ってきました。

ここは、建物や施設は、値段と比べると???ですが、

プライべートビーチのようなビーチが目の前に広がるロケーション、

これは、何よりも変えがたいものです。

また、スタッフの皆さんは、よく教育されていて、感じがいいです。

心配した台風のハザマ・・・天気は最高でした。

チェックインの時間より早く着き、浜辺でバーベキューです。

準備しないで、片付けなくてもいいバーベキューは、これまた、最高です。


d0137158_14151794.jpg





アインピー・・・遊びました。楽しそう!!!

去年よりも、波が大きく、少しためらっている様子。

くらげは、8月末と比べると、少ないそうです。

アインは、もうじき9歳。

来年も遊べるかなあ~と思うと、しんみり。

ピースは、絶えずアインの後を追っています。

d0137158_14155267.jpg




友達の家のMダックスが今日、虹の橋へ。

1年前に亡くなったGRのメイちゃんちには、昨日、ゴールデンドゥードルが来ました。

アイン、ピース・・・もしもの時は・・・私は、深追いはしない。

神様の思し召しのまま、最善を尽くしながら、我が家で・・・

いつもの生活をできるだけ・・・と思います。

[PR]
by bokuboku-513 | 2011-09-24 14:05 | dog