わんこと一緒に気ままに美味しい生活。


by bokuboku-513
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2013年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

名古屋ウィメンズマラソン。

3年4ヶ月ぶりのフルマラソンです。3年前に若い頃に半月板を取っている方の右膝が動かなくなりました。

レントゲンで見ると、関節の空間がまるでなく、加齢現象もあいまり、

骨同士がぶつかり、炎症を起こし、水が溜まっているようでした。

ヒアルロン酸を注入しても、痛みは改善せず、日常生活にも困りました。

しかし、正座などはできない、踵でお尻をたたけないなどはあるものの、しばらくして、走り始め、

昨年1月に新宿シティハーフを走り、赤岳にも日帰りで登頂しました。

フルなんて、二度と走らない、走れない~と思っていたのに、

七時間~ゆっくりなら、もしかしたら、走れるかも!歩いたっていい!

と思い、エントリーした大会です。

無理はしない、月100キロに練習は留め、膝に負担の少ないバイクをこぎました。

大腿四頭筋を鍛えれば、膝の負担は少なくなる。

よく攣る足も、足首の伸びが悪い(踵をつけてしゃがめない)からかも、と思い

ヨガを始めました。

そんな感じで、臨んだ大会。


目標は、とにかく完走。

30キロまではゆっくりでいいので、歩かず、4時間以内。

あとの3時間で、12.195キロをなんとかすれば大丈夫!


スタート、ゴールは、名古屋ドーム

d0137158_1226938.jpg


d0137158_12265827.jpg


ギネス記録になった数の女性ランナーが並びます。

トイレが整列場所のすぐそばにあり、いい感じです。

トイレに時間を費やしたくないので、スタート30分前に、もう一度トイレに。

NIKEのお姉さんの準備体操があり、杉ちゃんが応援団長。

心配された暑さは、予報がはずれ、マラソン日和。


沢山のランナー、スタート地点まで約6分。使える時間は6時間54分。

世界陸上の選考レースでもあるので、先頭は野口選手や木崎選手もいることでしょう。

わりと、平坦なコース。軽いアップダウンはあるものの。

キロ7分強で入り、いい感じです。

少しの膝痛はごまかせるように、ロキソニンを飲み、攣らないように、芍薬甘草湯を飲み、

とにかく、これで、30キロまで。

2.5キロごとに、エイドがありました。距離表示が1キロごとで大変見やすい。

20キロ過ぎからは、パン、チョコ、飴、ういろう、バナナ、トマトといろいろな給食。


25キロころから、脚が重くなり、左のシンプリントに違和感。

気のせいと言い聞かせ、とにかく、お臍を前に、腰高に、と。

とにかく、30キロまで。

エイドでは、毎回、脚のストレッチと膝の♪ぐるぐるぐるぐる、グルコサミン♪の体操。

30キロ地点で、グロスで3時間45分ほど。予定通り。

しかし、脚が残っている気はしない。どうしよう!?

12キロ歩く?自分に聞いてみる。ここからが、マラソン。

入念に、ストレッチと膝体操。

小雨も降ってきて、歩く?どうする?

走れない?私?まだ行けそうでは?でも、脚が攣ったら辛いよ~

攣ったら、尚更遅くなるかもよ!どうする?

でも、でも、今日のために、時間を作って走ってきたはずだよ!私!



出した答えは、次のエイドまで、ゆっくりでいいから走る。

しかし、だんだんと左のふくらはぎがピクピクいいだし、攣る前兆。

もう一服芍薬甘草湯を飲んでみる。

身体を起こし、ストライドを小さくして、腕でリズミカルに脚を運ぶように。

そっとそっと、脚を置く。

でも、時々、ピッと攣ってしまい、痛みが走る。

どうしよう、痛い。そんなことで、左足をかばっていると、

猛烈に右膝が痛くなってきた。どうしよう、歩く?

ずっと、ずっと、自分の身体に聞いてみる。

今までのマラソン経験上、攣った時は、腰を下ろしてはだめ!

止まってもだめ!結局は、ゆっくり歩くか、走るしかない。

自分にしかわからない痛み!

何度か攣った時は、沿道の私設エイドのエアーサロンパスを持っている人に助けられた。

小学生くらいの少年に、大丈夫ですか?と言われ、シューしてもらい、

私が走り出すと、がんばれーと大きな声を掛けてくれた。

沿道の人に、ハイタッチされ、もう少し!もう少し!とエールをもらい、なんとかなんとか、

それでも、走った。次のエイドまで、そして、次のエイドまでと~

歩くようなスピードのジョグで。

私の周りのいろいろな人の力で、今、走っていることの幸せを感じた。

あと、1キロのところは嬉しかった。ギリギリまで、この脚で頑張った!

そうして、たどり着いたゴール。達成感バチバチ!

記録は5時間20分台、目標6時間だったので、よくやった。

名古屋城にも気付かず、とにかく脚の痛みに耐えながら、走った。



一晩経ち、筋肉痛はさほどではない。

しかし、右膝が痛みの中走った分、水が溜まり、パンパンに腫れてしまった。

この腫れは、どれくらいで引くのか、

それも、含めて、また、フルマラソン走るかどうか????





マラソン中、ナイキプラスのアプリを入れていたら、携帯のバッテリーがなくなり、

夫と連絡が取れず、公衆電話を探す始末。





5時間20分~自分の身体に真に向き合った時間でした。

15000人のランナー~その数なりのドラマがそれぞれ、あっただろうと思います。

名古屋ウィメンズマラソンに関わったボランティアの方々、沿道で応援してくれた人たち、

脚が攣った時に駆け寄り、シューしてくれた少年

皆さんに、感謝の気持ちでいっぱいです。

今期のマラソンレースは終了。来期のマラソンエントリーのシーズンになった時、

このブログの今の気持ちを参考に、もう一度フルマラソンを走りたいか、

その時の自分に聞いてみたいと思います。

[PR]
by bokuboku-513 | 2013-03-11 13:19 | 走ること