わんこと一緒に気ままに美味しい生活。


by bokuboku-513
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:音楽( 6 )

加藤登紀子さんのライブに行って来ました。場所は、六本木 STB139

d0137158_13325456.jpg


彼女のコンサートは、二回目なのですが、今回は小さいライブハウスなので、嬉しい!

彼女が作った曲よりも、シャンソンの曲が多い構成でした。

今の彼女の年齢だからこそ歌える、味のあるシャンソンでした。

ピアフの曲が三曲。愛の讃歌は、少し、声量不足。。。
(テアトル銀座での美輪明宏さんのコンサートで聴いた、愛の讃歌のほうが好き!)

美輪さんの愛の讃歌は、原語。

今回は、加藤登紀子さんの訳の愛の讃歌でしたが、

どうしても、越路吹雪さんの歌った岩谷時子さんの訳が、耳になじんでしまっています。



皆が魅かれる劇的なピアフの人生・・・もう一度、調べてみました。





加藤登紀子さんのMC

とても楽しく、もっと聴きたかったかも。。。

1972年、石井好子さんとのパリの想い出など、楽しいお話でした。

加藤登紀子さんのお話で・・・

「私、自由が好きなの!FREE! 何故自由が好きかって・・・自由・・・次に何が起こるかわからない・・・一瞬先は闇ってくらい、ドキドキすることってない。それが、自由・・・それが人生」そんな・・・???

私にも、いろいろあって、毎日・・・もがいて、あがいて、ため息ついて・・・

加藤登紀子さんのように、人生達観できないなあ!

最後のアンコールは、「100万本のバラ」。

BASSは、夫の幼馴染の布川君のライブでよく拝見する納浩一さん でした。

明日は、青梅マラソン。出るのかなあ?

d0137158_13472624.jpg

[PR]
by bokuboku-513 | 2011-02-20 13:48 | 音楽
夫の友達の布川俊樹さんのライブに行ってきました。

場所は、表参道 BODY&SOUL  30年以上前からあるライブハウスです。

夫につきあい、何店かライブハウスには行っていますが、

ここは、広さや距離感、配置など、とても居心地の良い空間でした。

一人でも、ふらっと入れてしまいそうな場所。



今夜は、布川俊樹 スタンダードジャズ プロジェクト  10月に、victorからCDが発売になっています。

d0137158_11312021.jpg


表参道のイルミネーションを見ようと思いましたが、時間がなく、青山通りからだけ、ちらっと。

d0137158_1171847.jpg


ライブハウスにしては、おいしいちゃんとした食事でした。

ワインをしこたま飲んで、ライブ前に寝てしまったことがあるので、要注意!

何といっても、一番前の席。ドラムとの距離は1メートル足らず。

布川さん曰く。

「ジャズの巨匠・・・マイルス・ディヴィスなどが演奏すれば、スタンダードといわれる」

そんなに、ジャズに詳しくないので、やはり、スタンダードだと、

私にとっては、わかりやすく感じます。

しかし、枯葉おいしい水もシャンソンもボサノバも、その他、何もかも、脅威的なアレンジ!凄い!

なかでも、おいしい水 はとっても良かった。

一回り、二回り違う世代が、音楽の同じ方向性を求めて、お互いのテクニックや感性を認め合い、音を重ねていくのって、素敵!

年は関係ないのだけれど。

とっても、感激したライブでした。
[PR]
by bokuboku-513 | 2009-12-10 11:24 | 音楽

秦 万里子さん

秦 万里子さん・・・朝のテレビで生出演なさっていました。

共感できるところ・・・多々です。


[PR]
by bokuboku-513 | 2009-02-12 18:07 | 音楽
♪思い出はいつの日も・・・雨♪
雨になってしまいました。

JR小机からの大行列!とても、7分では着きませんでした。

沿道の屋台のおっちゃんもハッピにI AM YOUR SINGERのBGMです。

時間ぎりぎりになってしまいました。

d0137158_19254240.jpg


結構前の方なんて思った席・・・2階や少し後ろだと、屋根があったのに・・・!

びしょびょ、ぐしょぐしょです!

でも、そんなことは、始まったら言っていられません。

キャミにハッピ、そして、合羽!

持ち込んだビールもお菓子もなんのその・・・

いよいよです!

桑田さんの「伝説のライブではありません・・いつもと同じです」

「オリンピックではなくオ〇ンピック」との下ネタ!

そして、
 YOU
 ミス・ブランニュー・デイ
 LOVE AFFAIR~秘密のデート



 女呼んでブギ
 いとしのフィート
 お願いDJ
 奥歯を食いしばれ
 ラチエン通りのシスター
 TO YOU
 C調言葉に御用心
 働けロックバンド
 松田の子守唄
 HELLO MY LOVE
 朝方ムーンライト
 思い出のスターダスト
 夏をあきらめて
 Oh!クラウディア
 東京シャッフル
 そんなヒロシに騙されて
 あっという間の夢のTonight
 メリケン情緒は涙のカラー
 顔
 Bye Bye My Love
 メロディ


 愛の言霊
 ジュラバ★ラ★バンバ
 爆笑アイランド
 ごめんよ僕が馬鹿だった
 ロックンロール・スーパーマン

(場所を変えて)
 涙のキッス
 チャコの海岸物語
 せつない胸に風が吹いてた
 夕陽に別れを告げて


 いとしのエリー(リクエスト3位)
 真夏の果実(リクエスト1位)
 TSUNAMI
 I AM YOUR SINGER
 希望の轍(リクエスト2位)
 OH!!SUMMER QUEEN
 エロティカセブン
 HOTEL PACIFIC
 ボディスペシャルⅡ
 マンピーのG☆SPOT

(アンコール)
 夕方HOLD ON ME
 みんなのうた
 勝手にシンドバット
 Ya Ya(あの時代を忘れない)


一曲一曲・・・その当時を思い出します。

私の席からは、小さな桑田さんしか見られませんが、

大スクリーンには、桑田さんのアップと歌詞が写り、

カラオケ状態です。

7万人以上の人が一つになります。

桑田さんは、「皆、座ってね~!」との気遣い。

でも、3時間20分、ずっと立ち乗りです。座っている人なんていません。

桑田さんを初めサザン皆の「ありがとね~」の気持ちが伝わります。

感謝したいのは、私の方!と思いながら歌いました。

どの歌も歌えてしまうのですね!

30年の長い間、ずっとずっと好きだったんですものね!

ネットを参考にして、曲名を書いたのですが、

MCほとんどなく、大丈夫?と心配になるほど、桑田さん・・・52歳・・・歌いっぱなしでした。



「また、戻ってくるから・・・」との桑田さんの言葉!

「寂しいような、ほっとしたような・・・」との桑田さんの言葉!

「思い出は美しいけど、明日から、皆、一人ひとり、頑張ろうね~」との桑田さんの言葉!

最後に、「ありがとう。 これからもよろしくね」とサザン全員からの言葉!

Ya Ya(あの時代を忘れない)の時には、しんみりしてウルウル!


踊って、歌って、騒いで、泣いて・・・

祭りが終わって・・・夏が終わって・・・寂しくて・・・

d0137158_1950148.jpg





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今、帰ったら大変そうと、新横キュービックプラザ  アマルフィイ ノベッロ  で遅い夕飯

d0137158_19563818.jpg
d0137158_19564731.jpg
d0137158_19565945.jpg
d0137158_1957720.jpg


シラスのピザが美味しかったです。

いつも、走ってもなんともない足の筋肉が、今日になり、だるいのは、何故?

雨のせい?3時間20分飛び跳ねていたせい?

今日は、朝から、 エロティカ セブン が頭の中をグルグルしています。

何故に、この曲なの?
[PR]
by bokuboku-513 | 2008-08-18 20:06 | 音楽
サザンオールスターズ  「真夏の感謝祭」30周年LIVE  いよいよ明日!

ハッピは買ったし、天気はまずまず!

ドキドキします。

I AM YOUR SINGERの振りを確認!



パソコンの前で、一人で踊っている私って・・・・?

でも、夫にも覚えさせなくては!!!

明日、行ってきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日も14キロJOGです。結構、ヘタリ!

こんなんで、大丈夫???と不安! 不安!不安!
[PR]
by bokuboku-513 | 2008-08-16 12:46 | 音楽

Asian Youth Orchestra

招待券をいただき行ってまいりました。

場所はすみだトリニティホール。

Asian Youth Orchestra・・・そういう名前のオーケストラがあるんだあ~と

何の知識もないまま行きました。

Asian Youth Orchestra

2000名から100名が選ばれるという厳しいオーデションを経て、

15歳から25歳のアジアの若者達からなり、今回日本人は9名です。

そして、3週間のリハーサルキャンプの後、

アジア各国を回る3週間のツアーをするそうです。

いろいろな国で育った国籍も民族も違う人たちが、音楽を通し交流し

一つのものを目指して、作り上げていくことは、

とっても素晴らしいことだなあと思いました。


クラッシックには全然明るくない私です。

最初は、バイオリンの優しい音色にウットリ、ウトウトzzz。

そのうちに、ソリストのエルマーオリヴェイラの技に目が冴え

引き込まれました。

後半は、引き込まれながらも、

何故か、一番後ろのシンバルがやけに気になり

ジャーンと鳴ると嬉しくなりました。


こんな感想の無知な私で、招待していただいても、もったいない限りなのですが・・・

また、演奏してくださっている方にも申し訳なくなるほどですが・・・

文化の香りに久々にウットリした1日053.gifでした
[PR]
by bokuboku-513 | 2008-08-11 19:41 | 音楽