わんこと一緒に気ままに美味しい生活。


by bokuboku-513
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:未分類( 2 )

貝掛温泉

法師の湯に入って帰りたかったのですが、多分、日帰り客で、いも洗い。

さすがの私も、そのような状況では、混浴は無理・・・

と、苗場の帰りに、貝掛温泉に立ち寄りました。

d0137158_17154422.jpg


d0137158_17301530.jpg


これがなかなか良い温泉でした。鎌倉時代からある湯どころ。

目に良い温泉として有名です。

d0137158_1728849.jpg


d0137158_17284417.jpg


メタケイ酸などが含有、なんでも、参天製薬の目薬と成分が似ているそうです。

泉質は、ナトリウムカリウム塩化物泉です。

生理食塩水に近く、目を洗ってもしみないのではないでしょう!

湯量は、相当多いようです。

37度と低温なので、加温しているお風呂もありました。

ず~と、入っていられそう。

万座温泉のような温泉温泉した泉質ではありませんが、柔らかい良いお湯でした。




d0137158_1737639.jpg


お昼は、貝掛温泉で、おそば。なかなかおいしいおそばでした。

玄関で、せいろで何かをふかしている様子。

尋ねると、笹団子だそう。食べたいとお願いしたのですが、宿泊客のみで駄目でした。

これから、チェックインするお客さん用みたいでした。

考えてみると、今はどこでも、チェックインすると、お茶菓子が部屋においてありますが、

以前は、こうして、お客さんの到着時間を見計らい、

蒸し立てのお饅頭を出していたのでは・・・

そういう気配りってすごく嬉しい。





先週の長野の旅館でも、いろいろな気配りがありました。

スリッパや浴衣の大きさが私のサイズだったり、そんなささいではあること。

朝のテレビで、日本の木の風呂桶を輸出しているという会社がありました。

日本のお風呂の文化、木目こまやかな心遣い・・・

大金持ちだったら、日本食だけではなく、そのような旅館を海外に作るのに・・・

なんて・・・私の考えることは、もうすでに、誰かがやっていそう!
[PR]
by bokuboku-513 | 2012-05-19 13:49

日本橋  吉野鮨

Sパパさんからお話を聞いていて、かねてから、行ってみたいと思っていた 吉野鮨に、やっと行けました。

私は、寿司絶ちをしていたわけではないのですが、久しぶりに美味しいお寿司を食べました。

夫に「かえしが独特だった?」と聞かれたのですが、そんなことはよくわかりません。

げそ、ヒラ貝の磯辺巻き、玉子焼き、ひらすずき、ぶり、すみいか、中とろ、漬け、鯛の昆布〆、穴子、ウニ。

とり貝、赤貝、蛤、甘エビ、車海老、こはだ、干瓢巻き、お新香巻。食べました。

おいしかった!

ネタもさることながら、丁寧に、一仕事してあるような感じで、美味しかったです!!!

例えば、こはだ・・・切り身が入り、ほのかに柑橘類の良い香り。

穴子はあくまでも柔らかく、こってりとしたたれ。

車海老は、なんとも、不思議な、なにか入っている!

マグロの漬けも、なんだか、ちょっと違って、おいしい!

この4つ、もう一回、味を確認したい!


そして、怒られてしまいそうですが・・・どれもこれもおいしいのですが、

一晩経って、一番印象に残っているのは、ガリと干瓢巻。

ガリは、甘くなく、好みが分かれるかもしれません。

私は好き。

そして、お腹いっぱいの時に、今まで、お鮨やさん行っても、まずは頼まない干瓢巻。

〆はいつも、お新香巻なんだけど・・・

干瓢巻を、一口いただきました。

なんだろう??・・・わさびが入っている!!!なんだか、おいしい!

桜正宗の熱燗も、とってもおいしいです。



箸袋には、

江戸に生まれ、東京で育ち、いまじや、日本をにぎりずし

と書いてあります。創業明治15年。

折り詰めの包装紙には、高島屋さん うら通り

と書いてあります。

高島屋さん うら通り

この言葉が、このお店を象徴しているように感じます。

老舗で、しっかりした手を抜かない仕事をしていてるけど、敷居が高くない、

お客を緊張させない・・・気を遣わせない・・・

素敵なお店です。

5代目さんも気さくで感じがいい。客層も上品で、良い感じでした。
[PR]
by bokuboku-513 | 2012-02-16 19:15