わんこと一緒に気ままに美味しい生活。


by bokuboku-513
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

バスツアー クラブツーリズム 立山黒部アルペンルート②

次の日は、6時半に朝食。7時半出発です。

朝食はこんな感じ。何てことない朝食。

d0137158_13372333.jpg


年配の方が多いせいか、6時半に食堂に行ったら一番ビリでした。

バスで148号を北上し、北陸自動車道で糸魚川IC→立山ICへ。

日本海が見えてきました。雨模様になってきて・・・です。

いろいろ乗り継ぐので、集合時間に合わせ、バタバタ。

立山ケーブルカーで美女平へ。

大きな貨車を連結しているケーブルカーです。スキー板などを載せるそうです。

そして、立山高原バスで、室堂へ向います。

このバスだけシートベルトがなくて・・・不思議!

途中、ブナや杉の木がきれい・・・森林浴ができなくて残念でした。

美女杉は、女人禁制だった立山に入った尼僧が杉に変えられた伝説があるそうです。

残雪が見られ、水芭蕉が咲いていました。

ここは、一般車は入ってこないそうです。

運転手さんがスピードを落とし、車中から称名滝を見ました。

350メートルの落差日本一の滝だそうです。

4段に折れて落ちる水音が「南無阿弥陀仏」と聞こえるそうです。

水量の多い春先だけ、ハンノキ滝が現れ、一対の滝に。

d0137158_13531771.jpg


雪の大谷も車中から。GPSで道をさぐり、ブルドーザーで作るそうです。凄っ!職人技!

d0137158_1359239.jpg

 
もっと感動するかと思ったのですが・・・車中から・・・だから?あんまり感動しない。

室堂に着くと、最悪の天気!何にも見えません。悔しい!

そして、寒い!さすが2450メートル。風がビュービュー吹いて、屋内に避難。

d0137158_15201397.jpg


昨日は最高の天気だったというのに。こればっかりは仕方ありませんが・・・

福島から来ている人に、横浜だったら、また来られるでしょう・・・と。

天気がよければ、ミクリガ池まで歩けるのに残念でした。

ミクリガ池温泉は、日本で一番高いところにある温泉だそうです。

落ち込みながら、立山直下をトロリーバスで、大観峰へ。

ところが、ラッキー!

大観峰では、良いお天気。山の天気はわかりません。

黒部湖がエメラルド色に見えます。

山々が、鹿島槍、薬師岳、槍ヶ岳・・・ときれいに見えます。

d0137158_14514848.jpg


d0137158_1410726.jpg


立山ロープウェイで黒部平へ向います。

景観保護のため一本も柱のない日本一長いロープウェイだそうです。

黒部湖から黒部ダムへケーブルカーで向かいます。

d0137158_14522142.jpg


一番見たかった黒部ダム。

観光放水も6月末からで、これも残念!

「そんなに感激しないよ」とバイト先のMさん。

でも、やっぱり・・・すごい。大きさ、高さ・・・圧巻です。

幅30センチほどの木の上を歩き、測量している昔の写真や様々の写真。

世紀の大事業・・・その過酷さを感じます。

くろよん記念室も見たかったし、展望台も行きたかった。

でもでも、集合時間が・・・ツアーって・・・。これが見たいのに・・・。

黒部ダム→扇沢へトロリーバス。

赤沢岳の山中を通り、富山県と長野県の県境ラインがあり、

また、破砕帯のラインが水色で記してありました。



途中、立山黒部貫光(観光ではないのです)面白い駅員さんの説明があり、

グラフィックガイドを買いました。

観光客は、アジアの人も多いそうで、

そのためか、トイレにこんなステッカー

d0137158_1551975.jpg


昔は、洋式トイレの使用説明だったのに・・・

でも、トイレで携帯でこれ・・・撮ってる私って・・・変!





ツアーについているお土産はこんな感じ。

d0137158_1572773.jpg
d0137158_1574437.jpg




帰りは、車中でお弁当の夕食。

カツサンドにはビール・・・なのに、道の駅にも、SAにもビールは置いてない!

確かに・・・飲酒運転撲滅はわかる・・・でも、バスだし・・・。



また、ツアコンさん曰く。

土日1000円になってから、一般車が渋滞になっても、高速を下りない・・・そうです。

一般道はガラガラのことも・・・

渋滞を少しでも回避と、談合坂で休憩しないで、八王子の東京初めての道の駅で休憩。

あわただしいツアー旅行でした。。

[PR]
by bokuboku-513 | 2009-06-14 14:26 | 旅行