わんこと一緒に気ままに美味しい生活。


by bokuboku-513
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

赤岳に登ってきました。

夫は、とにかく、今年は赤岳、来年は、二泊三日で、槍ヶ岳に登りたい。

私は、根っからの臆病、根性なしなので、大変そうなのは・・・今ひとつ、乗る気がしない。

でも、夫は、

・・・無理そうだったら、止めればいいから~

・・・どんどん、膝が悪くなるから、今年、行こう~

・・・もし、滑落したら、毎年、慰霊登山に行ったげる~

と、よくわからないことまで、言い出す。

夫は、最後には、私がついて来ることを読んでいる。



赤岳は、八ヶ岳最高峰の2899メートル。

クサリ場にはしご。

どの本を見ても、中級者向け、健脚向け、小屋泊向け、と書いてある。

登山道がしっかりしているから、初心者でも大丈夫だとも聞く。

好日山荘でも、ノースフェイスでも、「日帰りですか・・・?」と言われる。

ただでさえ、膝に自信はない。大丈夫かなあ~との思いがいっぱい。

不安で、赤岳の動画なども見てみる。

でも、硫黄岳で、物足りなさを感じたのも事実。

行者小屋からの登山口までの2時間は、わりに平坦なので、

多少、膝が痛くても、最後まで、何とか歩ける・・・かも!?

気持ちは揺らぐ。


そんなこんなで、結局、昨日9月14日に決行。

家を出たのは、午前1時。

だんだん、日が短くなってきたので、何とか、午後2時には下りきりたい。

歩く時間が7時間、休む時間を入れて、5時には、歩き始めたいという逆算。

小淵沢から美濃戸登山口へ。

悪路がわかっていたので、私のパジェロミニで。

美濃戸登山口には、もう一組、日帰りの若者の登山者。

若者たちは、より歩行距離の長い北沢コースへ行くらしい。

私たちは、南沢コースへ。

少しづつ、空が白み始めてはいる登山口で。

d0137158_1117588.jpg



美濃戸から行者小屋までは、河原沿いを歩き、樹林帯。ゆるやかな登り。

夏に道を間違えた人がいたようで、注意書きがあり、黄色いテープが貼ってある。

この樹林帯も日が落ちたら、真っ暗だろう。

順調に2時には、下山したいと思う。

日帰り登山が少ないためか、平日のためか、数人とすれ違うのみ。

本の時間通りのコースタイムで、2400メートルの行者小屋へ。

d0137158_1118495.jpg



ここからが本格的な登山道。ここから、さらに、500メートル近く登らねば。

赤岳が見える。硫黄岳の時と違い、晴天。

ストックをしまう。

地蔵尾根と文三郎尾根の二コースがあるようだ。

本によっては、文三郎のほうが簡単と書いてあるものもあるが、

夫は、登りは、クサリ、はしごのある地蔵尾根

下りは、階段の文三郎尾根が良いだろうと言う。

そうかな~?と思いながらも従う。

行者小屋から30分ほど歩くと、クサリ場。

それほど、クサリを頼りにしなくても大丈夫。

そして、はしご。

下は見ない、しっかり、はしごの段を握り(もしもの時に、それがいいらしい)、

三点支持で進む。

余裕もなく、下を見ないから、その状況がはっきりはわからない。

何も考えていないような、いるような、感じ。

そして、15メートルのクサリ場。

三点支持で、あまり腕を伸ばさないように、クサリにはあまり頼らないように。

眼の前しか見ていないので、クサリから離れてしまうこともある。

そうすると、浮石が多くなり、軌道を変える。

d0137158_11371039.jpg


d0137158_11374383.jpg


足がすくむところもあるが、見ない。

しかし、塔の岳で一箇所あったような90度近いような場所はない。

何とか、登りきる。行者小屋からは、1時間20分。ここもコースタイム通り。

そして、地蔵の頭へ。今日の登山の無事を祈る。

d0137158_13184443.jpg


地蔵の頭からは、稜線が見え出す。1時間弱で、頂上に着くはず。

はるかかなたに、行者小屋が見える。こんなに歩いてきたんだ!と思う。

そして、

2720メートルの赤岳天望荘へ。明日からの三連休に備え、

ヘリコプターが物資を運んでいる。

d0137158_11562561.jpg


d0137158_12243695.jpg


クサリ場なども、スキー場のゲレンデと同じように、

人が少なく、空いていて、今日はラッキーだったかもしれない。

後、もう少しと思い頑張る。

追い越した人から、健脚だね!と言われ、少し良い気分。

空気が少し薄くなり、息が上がるものの、足は大丈夫。

少しは、日ごろのジョギングが役立っていると思う。

そして、赤岳の北峰へ登頂。

赤岳頂上小屋で、バッジを購入。

d0137158_1291976.jpg


さらに、数分歩いて、赤岳の頂上へ。

d0137158_12111665.jpg


d0137158_12114225.jpg


d0137158_12121223.jpg


良い天気。

どの山が、なんなのかわからないのが悔しい。

稜線が綺麗に見え、こんなに登ってきたんだと、感激する。

はるか彼方に見える行者小屋。

登山は何が楽しいのか?

達成感だというが、それは、稜線が見えることによって、倍増すると思う。

帰りは、文三郎尾根から。

d0137158_12344039.jpg


延々と階段が続く。膝には負担だが、足の置き場が決まっているので、楽ではある。

階段には、マムートのマンモスマークがある。

夫が言うように、登りは地蔵で下りが文三郎が良いと思う。

下山しながら、中岳、阿弥陀岳を見上げてみる。

d0137158_12372174.jpg


下山は、怖がり+膝が痛いので、コースタイムよりも長くかかってしまう。

膝が熱を持っている感じで痛いが、腫れてはいない。

しかし、2時10分過ぎには、下山。

予定通り。なんとかなった!



下山し、小淵沢の道の駅で、足湯。疲労しきった足が生き返る。

高原野菜を買って帰る。

横浜では、なかなか見つからなかったコリンキーが売っていたので、購入。


夫は、「いろんなところへ、運転手つきで来られて幸せでしょう!?」と言う。

頷くこともなく、首を傾げる。

どうして、登山することになったのか?

と二人で考えるが、はっきりとはわからなくなってしまう。

マラソンは、正月太りから、私が始めたとわかっているのに!

何故だろう!?

ミーハーだから~山ガールの乗りで?

それもある!

しかし、思い起こすと、昨年の上高地

膝を悪くして、ステックついて歩いた横尾。

そこで見た、穂高や槍ヶ岳を目指す人たちを

膝が悪いので、マラソンと違い、途中棄権のできない登山は無理だと思い、

羨望の目で見たこと。

これが大きかったかも!

今日は、大腿四頭筋が筋肉痛。

大腿四頭筋・・・使ったんだね!翌日の筋肉痛も含めて、登山!
[PR]
by bokuboku-513 | 2012-09-15 11:09 | 登山