わんこと一緒に気ままに美味しい生活。


by bokuboku-513
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

硫黄岳に登ってきました。

登山づいています。

当初、赤岳の予定が、8月最終日曜日~帰りの中央道は渋滞必至。

渋滞大嫌いの夫は、登山時間の短い硫黄岳にしようと言い出したのです。

楽なの大好き~二つ返事でOKです。

朝早く家を出て、渋滞前に帰途につく計画。

が・・・・・早く家を出たのに、SAで、二人とも寝入ってしまいました。

幸い40分ほどで起きたのですが、あのまま、寝ていたら、早く起きた意味がないところでした。



硫黄岳は、諏訪南インターから、桜平の登山口に入っていくのですが、

その登山口までの道が悪いのには参りました。

車高の低い夫の車では、すれすれ。後悔、後悔、大後悔です。

ゆっくりゆっくりと、歩くようなスピードでないと、擦ってしまいます。

私は助手席で座っているだけですが・・・。




硫黄岳は、八ヶ岳の入門の山だそうです。

登山口がすでに、標高1915メートルあるので、3時間弱で2760メートルの山頂に行けます。

標高が高いので、そこそこ涼しく、虫はあまりいず、ラッキー。

ルートは、桜平~夏沢峠~山頂~赤岩の頭~オーレン小屋~桜平。

登山道は、均されていて、とても歩きやすい。

クサリやはしごはなく、高尾山の次に登る山だと思う。

途中で、トリカブトの花らしい。

d0137158_21362042.jpg


花の名前も少しづつ覚えようと思う。きっと、そのほうが楽しい。

北側の爆裂火口を見るのを楽しみにしていたのに、火口は、もやの中。とっても、残念。見たかった!

d0137158_21305863.jpg


時々、硫黄の匂いはする。

山頂で。山頂は広い。山小屋がないのが残念。

d0137158_7214066.jpg


一番高い赤岳の雲がなかなか切れない。

d0137158_21385088.jpg


d0137158_21391719.jpg


鍋などを買ったので、マルタイラーメンを作って食べる。

コーヒーを飲む。

下山して、硫黄岳を見上げると、あんなところまで行ったんだ!と感激する。

山頂でゆっくりしすぎ。。。

また、でこぼこ道を通り、やっぱり、中央道の渋滞へ突入。

渋滞すると、バイクと車の接触事故多し!
[PR]
by bokuboku-513 | 2012-08-27 21:44 | 登山