わんこと一緒に気ままに美味しい生活。


by bokuboku-513
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

谷川岳に登ってきました。

8月5日 日曜日  谷川岳に登ってきました。


何故に、登山????



一昨年は、富士山にランシュで日帰り登頂。

去年は、上高地の横尾で、周囲の登山客に羨望のまなざしを向け・・・

登山へ気持ちが向う素地はあった・・・


そして、ブームに乗りやすい性格。

先日は、amazonで、「炎のランナーのDVD」購入しようとしたら、品切れ。

なんて、私って、一般大衆と、自嘲。。。



そして、登山3種の神器・・・登山靴、レインスーツ、リュック

ららぽーと・・・・好日山荘、NORTH FACE、ゼビオへと向かい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・買い揃える運びに。

車で行けて、日帰りできる山。

そんなくくりをしながらも・・・

私は、膝の不安で、いかなるところも自分しか頼れないのを怖がり、

夫は、赤岳だの、槍ヶ岳だの・・・登りたいと・・・無茶を言い出す。




そんなこんなで、谷川岳に。

夫が言うには、ロープウェーで高度を稼ぎ、簡単に2000メートル近くまで行ける。

5時間歩いて、日帰り。高山植物が綺麗。稜線が歩け、景色も綺麗。

それなりの達成感。

d0137158_15103543.jpg


d0137158_15112762.jpg


d0137158_1512531.jpg


d0137158_15131100.jpg


トマノ耳にオキノ耳。

霧でそんなに景色はよくない。

高山植物は、一つ一つ名前がわからないが綺麗。

ずっと、虻と一緒に登ってきた感じ。絶対、長袖、長ズボン!



鎖場やガレ場。

登りながら、帰りの下りの大変さを考えてしまう。

どうやって登るの?・・・下りるの?と考えてしまうくらい、

身体がスムーズには動かない。その上に、高所恐怖症。

下りでは、うまく前傾が取れず、最後は、お尻で下りてくる始末。

山ガールぶって、スカートをはいたものの、お尻で滑るのでは、台無し!

どうみても、私よりも年配に人に抜される。皆さん・・・すごい!

稜線が見えるのは、まだあそこまで行かなくては・・・と憂鬱になる反面、

自分の歩いてきた道を振り返り、こんなに来たんだ~と感激。



無事、下りて来て、膝に感謝。

マラソン同様・・・終わった~との感覚!これって、達成感!?


谷川岳のバッジ購入。登った山のバッジを額に飾ることにする。

靴も買ったし、やっぱり、夏山・・・登るのかな!

今回、約5時間の登山。初心者向けのコースなのに、、それなりに辛かった!大丈夫?私?!
[PR]
by bokuboku-513 | 2012-08-14 15:25 | 登山